お洒落な猫カフェMoCHA、大阪・心斎橋に7店舗目をオープン

オシャレな内装で注目を集めている猫カフェ「MoCHA(モカ)」が12月16日、関西初出店となるお店を大阪・心斎橋にオープンしました。

心斎橋駅から徒歩3分とアクセスしやすく、長堀橋駅との中間くらいの場所にあります。

12月12日には、東京・原宿の竹下通りに6店舗目をオープンしたばかりですが、東京以外では初めてとなるお店とあって、どんな店内なのか気になりますね。

 

お店の様子

猫カフェとは思えないような、洗練されたデザインが魅力の「MoCHA(モカ)」。心斎橋店も入口からオシャレな雰囲気が漂っていますよ。

猫カフェ「MoCHA(モカ)」心斎橋店の入口

お店の中には円形の空間が広がっていて、中央に木製の大きなオリジナルキャットタワーが。周りには木々が生えいてるかのうように柱が設置され、キャットステップが張り巡らされています。

猫カフェ「MoCHA(モカ)」心斎橋店の中央フロア

そのまわりを囲むように置かれた椅子に腰掛けて、見上げるようにをゆっくりと猫を眺められるようになっています。これはMoCHAの店舗に共通して見られるレイアウトですね。

少し上の角度から見ると、いたるところに段差が設けられており、猫ちゃんが高い位置を上下運動しながら移動しやすいように設計されています。下から眺めているだけでも楽しそうですね。

お洒落な猫カフェMoCHA、大阪・心斎橋に7店舗目をオープン

店内にいるのは、総勢15匹の猫ちゃんたち。

スコティッシュフォールドノルウェージャンフォレストキャットマンチカンといった人気猫から、セルカークレックスエキゾチック、さらにはプーチン大統領から秋田県知事に贈られて話題になったサイベリアンの女の子まで在籍。猫密度が高そうですね。

猫カフェ「MoCHA(モカ)」心斎橋店の猫写真1

猫カフェ「MoCHA(モカ)」心斎橋店の猫写真2

猫カフェ「MoCHA(モカ)」心斎橋店の猫写真3

ほかの店舗と同様に、猫の臭いを感じさせない工夫や店内の清潔感を保つ配慮など、快適性へのこだわりもそのまま。もちろんご飯タイムも健在です。

猫カフェ「MoCHA(モカ)」心斎橋店のご飯タイム

実際に行かれた方の感想を見ると、評判は上々のようです。

 

猫カフェ MoCHA(モカ) 心斎橋店

時間:10:00~20:00(19:30最終入店)
定休:年中無休
料金:10分 200円

※猫のおやつ500円(数量限定)
※ドリンクバー350円
※ご飯タイムは10:30~/19:30~の1日2回

<年末年始の営業>
2016年12月31日 10:00〜18:00
2017年1月1日 12:00〜20:00
2017年1月2日 10:00〜20:00
※1月2日〜通常営業

<アクセス>

大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-11
LIBERTY心斎橋ビル1F
心斎橋駅 徒歩3分

出典:prtimes.jp

<関連記事>
滋賀県大津市に初の猫カフェ「ねこのおうち」が新規オープン
プーチン大統領から贈られた猫「ミール君」の近況写真が公開
社長が猫になってしまうコメディ映画「メン・イン・キャット」

⇒その他のMoCHA(モカ)関連記事
⇒その他の猫カフェニュース
⇒その他の最新猫ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で
TAG :