東京・江戸川区で2月25日に「第1回地域猫セミナー」が開催

東京都の江戸川区で2017年2月25日(土)、ノラ猫の被害に困っている人や地域猫活動に興味がある人などを対象に、第1回地域猫セミナーが開催されます。

会場の小岩アーバンプラザ小岩アーバンプラザの外観引用: (c) Edogawa city

地域猫活動とは、猫の殺処分や糞尿被害などを減らすことを目的に、飼い主のいない猫が繁殖して増えないようボランティアや地域住民の人たちによって猫の避妊・去勢が行われ、その後も餌やりやトイレの世話をするなどして、地域で猫を適正に管理して問題の解決を図っていく活動のこと。

現在、日本国内で殺処分されている猫の多くは、外で暮らしている去勢や避妊がされていない猫たちが産んだ子猫や、飼い主の事情により飼うことができなくなったという理由で動物愛護センターなどに収容された猫たちです。

野良猫の子猫イメージ写真

一方、江戸川区では、飼い主のいない猫が敷地に糞尿をする、猫に与えられたエサが放置されてカラスやハエなどが寄ってくる、猫の発情期の鳴き声に悩んでいる、野良猫が子猫を産んで困っているなど、飼い主のいない猫についての相談が保健所に多く寄せられていると言います。

こうした問題を解決するために、江戸川区で実施しているのが「飼い主のいない猫対策支援事業」。

これは猫のお世話をするボランティア団体と町会や自治会などが協力し、飼い主のいない猫を地域猫として管理して問題解決を図ることを推進する事業で、ボランティア団体が管理する対象の猫を把握してこれ以上増えないように不妊去勢手術をしたうえで、給餌や清掃などのお世話や里親探しなどの活動を行っています。

外猫のイメージ写真

今回行われるセミナーでは、こうした地域猫活動や区の取組みの紹介などを通じて野良猫問題の対策を考える内容で、NPOの代表や元自治体の担当職員の方などを講師に招いて行なわれます。

江戸川区の第1回地域猫セミナー引用: (c) Edogawa city

セミナーは参加無料で事前の申し込みも不要となっていますので、興味のある方は当日会場に訪れるだけで参加することができます。

 

第1回 江戸川区地域猫セミナー

日程:2017年2月25日(土曜)
時間:14:00〜16:30(開場は13:30)
会場:小岩アーバンプラザ 集会室第1,2

<講師>
■工藤 久美子氏
NPOねこだすけ代表理事/東京都動物愛護推進員

■石森 信雄氏
元・練馬区保健所地域猫対策担当職員

<会場アクセス>

東京都江戸川区北小岩1-17-1

<最寄り駅>
京成電鉄 江戸川駅 徒歩10分
JR総武線 小岩駅 徒歩15分

当日は地域猫トイレの作り方を実演してくれる予定となっていますので、実際に地域猫活動を始めようと思っている地域の方などは参加されてみてはいかがでしょうか。

⇒その他の最新猫ニュース

  •  
  • 服部幸の愛猫とのハッピーライフプログラム(DVD)