巨匠ラガーフェルド氏のセレブ猫、シュペットのぬいぐるみが発売

世界的に著名なファッションデザイナー、カール・ラガーフェルド氏の愛猫「シュペット(Choupette)」ちゃんのぬいぐるみが発売されました。

ドイツ出身のカール・ラガーフェルド氏はシャネルやフェンディなどのブランドでクリエイティブディレクターを務め、イラストレーターやフォトグラファー、スタイリスト、出版など幅広い活動を行っている一方、ファッション業界では有名な愛猫家。

自身が飼っているバーマンの「シュペット(♀)」ちゃんは、ラガーフェルド氏がデザインしたファッションアイテムのモチーフとして頻繁に採用されているほか、一流ファッション誌のモデルや一流ブランドの広告などにたびたび登場しており、一時は年間3億円以上も稼いだ猫として話題になったことも。

約10万人のフォロワーがいるシュペットちゃんの公式Instagramには、プライベートジェットらしき機内から外を眺める様子が掲載されるなど、優雅な生活を生活を送っていることがうかがえます。

そんなセレブ猫、シュペットちゃんがこの度、これまた世界的に有名なテディベアブランド「シュタイフ社」とコラボレーション。ラガーフェルド氏と共同でシュペットちゃんをモチーフにしたぬいぐるみが特別に製造され、全世界で2,000体が限定販売されました。

シュペットちゃんの真っ白で美しい毛並みとキレイな青い目がリアルに再現されたこのぬいぐるみには、全て正規品であることを証明するタグが耳の部分に付けられているほか、玩具のネズミとキャリーケースがセットになっていて、価格は日本円で税込89,000円。猫のぬいぐるみとしては破格のお値段となっています。

ぬいぐるみの実物をナデナデしているシーンがこちら。とっても触り心地が良さそうですね。

4月28日に発売が発表されたこのぬいぐるみは、高額ながら数量限定ということもあり、にゃんとすでに完売済み。シュペット人気はまだまだ続きそうです。

<関連記事>
巨匠ラガーフェルド氏の猫アイテムがそごう&西武に登場
本物そっくりの可愛い猫ロボット「夢ねこプレミアム」が発売
人の顔を識別して対話できるネコ型AIロボットをドコモが開発中

⇒その他の注目&話題の猫
⇒その他の最新猫ニュース