三重県の動物愛護推進センター「あすまいる」が5/28にオープン

三重県が猫や犬の譲渡、動物愛護教室などの普及啓発活動を行う拠点として建設を進めていた、動物愛護推進センターが2017年5月28日にオープンします。

三重県の地図とロゴ

県では人と動物が安全・快適に共生できる社会を目指し、動物愛護教室などの普及啓発活動や終生飼育の指導、譲渡事業などを行うことで、犬猫の引取り数を減らす取組を続けており、近年は県内における殺処分数が減少傾向にありますが、将来的に殺処分をゼロにするため、さらなる取組の強化が必要と判断して動物愛護推進センターの建設を進めていました。

野良猫のイメージ写真

昨年には同センターとマスコットキャラクターの愛称を公募し、施設名は「あすまいる」に、紀州犬をモチーフにした犬のマスコットは「き~ぼう」に、三毛猫のマスコットは「つむぎちゃん」にそれぞれ決定。

そして5月28日、ついにオープンを迎えることとなりました。

開設後の同センターでは、猫や犬の譲渡を進めると同時に、飼い主のいない猫を減らす取組や動物愛護教室などの普及啓発活動を行い、猫や犬の引取り数をさらに減少させる取組を進めていくほか、災害時などにおける動物の救護体制を整備するなど危機管理対応の取組も強化して、人と動物の命を守る施設としての役割が期待されています。

外で佇む野良猫(チャトラ)の後ろ姿

また、オープン当日はセンターにて開所式が行われ、三重県知事の挨拶や来賓祝辞、テープカットなどの行事が予定されているほか、式の終了後には出席者による同施設の内覧会を実施。午後13:00からは一般向けに公開される予定となっています。

5月28日(日)から6月4日(日)までの期間中は、開館日限定で「あすまいる」に訪れた人の中から各日先着50名に、マスコットキャラの「き~ぼう」と「つむぎちゃん」がデザインされた缶バッジまたはクリアファイルがプレゼントされる特典が用意されています。

 

あすまいる 一般公開

日時:2017年5月28日(日)13:00〜
会場:三重県動物愛護推進センター(あすまいる)

<アクセス>

三重県津市森町2438-2

<関連記事>
三重県、新しい動物愛護施設や猫キャラクターの愛称を募集中

⇒その他の猫の社会問題
⇒その他の最新猫ニュース

  •  
  • 服部幸の愛猫とのハッピーライフプログラム(DVD)