猫好きがハマる、猫のグルメ漫画「めしねこ」がヤバ過ぎる

※このコミックは2017年2月17日に待望の第一巻が発売されています。

最近、猫好きの間で密かなブームの兆しを見せつつあるのが、猫のグルメ漫画「めしねこ」。

「猫×江戸×グルメ」という一風変わったコンセプトのこのマンガは、主人公の猫がご飯を美味しそうに食べることで、周りにいる人間の悩みを解決したり幸せにしていくというストーリー。

猫が美味しそうにご飯を食べる時の恍惚とした表情は、見るたびに癖になる不思議な魅力を持っていて、話を読み進めて行くうちに、あの表情はまだ出てこないのかと読者自身が欲してしまうような、そんな中毒性を持ち合わせています。

また、極端なストーリー展開やちょくちょく挟み込まれる小ネタなど、話の進み方や設定に思わず突っ込みを入れたくなってしまうのも、この漫画の面白いところ。かと思えば、泣けてくるようなしんみりした話が盛り込まれていたりと、読者を飽きさせない工夫が随所に凝らされています。

江戸時代を舞台にしたグルメ漫画でもあるので、当時の食事情や食文化などに触れられるのも、楽しみのひとつですね。

1話完結型の8ページ構成のため、テンポよく読むことができますので、猫好きの人はもちろん、猫好きでない人にもおすすめしたいマンガです。

9月14日現在、第9話まで公開されていて、すべてニコニコ静画(マンガ)で無料で読むことができます。興味のある方は読んでみてはいかがででしょうか。
めしねこー大江戸食楽猫物語ー

めしねこの作者

この衝撃的な漫画を読んだ後に、どんな漫画家が描いているのだろう?と気になった人も多いのではないかと思いますが、作者は「木村わさび」さんという方。

他に主だった代表作などは見当たりませんでしたが、「めしねこblog」というブログを更新されていたので読んでみると、やはり猫を飼っている模様。しかも7匹。

写真と一言というシンプルな内容の投稿が多いのですが、ブログからは作者の猫好きなことがしみじみと伝わってきますので、マンガを読んでファンになった方は、ブログの方もチェックしてみてはいかがででしょうか。

⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の猫マンガ紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース