シシャモ×猫の脱力系キャラ「ししゃもねこ」の絵本が登場

徳島県生まれの脱力系キャラクター、「ししゃもねこ」の絵本が先月発売されました。

徳島県生まれの脱力系ネコキャラクター「ししゃもねこ」

顔が猫で、体がシシャモ。

とてもユニークな見た目をした「ししゃもねこ」は、およげたいやきくんに憧れ、ウナギイヌがライバル、そして世界平和を夢見ている不思議なキャラクターです。

ゆるキャラよりも緩い「脱力系キャラ」としてソーシャルメディアなどでじわじわと人気が広がり、生まれ故郷の徳島県・北島町では、「きたじまブランド」としてブランド認定を受けたり、徳島北警察署の交通安全イメージキャラクターに採用されるなど、地域発のキャラとして愛されています。

その他にも、大仏の姿をした「鎌倉大仏ししゃもねこ」、背中にたこ焼きを乗せた「大阪たこ焼ししゃもねこ」、風林火山の旗と鎧を身にまとった「武田信玄ししゃもねこ」など、全国17都市でご当地ししゃもねこグッズが発売されるほど、全国に人気が広がりつつあります。

ご当地ししゃもねこグッズ「鎌倉大仏ししゃもねこ」など、ご当地ししゃもねこグッズ

そんな「ししゃもねこ」の絵本、「ししゃもねこじょ:序」が11月29日に発売されました。

キャラの見た目通り、ゆるゆるなお話しなのかと思いきや、主人公の「ししゃもねこ」が日本中&世界中を幸せにするために活躍するという、癒やし系のファンタジーストーリーで、謎だらけな生物「ししゃもねこ」の正体が解き明かされるほか、世界平和への熱いメッセージも込められています。

タイトルの語尾に付いている「~じょ」とは、徳島県の方言で「~だよ」を表す言葉で、「ししゃもねこじょ」とは「ししゃもねこだよ」を意味しています。この方言は本文中でも多く出てきますが、読み進めるうちに言葉のリズムが心地よく感じられ、絵本からどこか懐かしい雰囲気を感じられる、そんな役割を果たしています。

この絵本の原作者は、絵本「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」の著者でもある原田剛さん。

絵本デビュー2作目となる本書の内容は、ひとことで表すと「親子で話し合える絵本」。

そのため子供に読ませるだけでなく、子供に読み聞かせをしたり大人も読んだりして、親子で感想を話し合ってみるのにピッタリな絵本です。

また、猫好きな人が読んでも心が癒される一冊となっています。

<関連記事>
猫たちの”ある秘密”を幻想的に描いた絵本「ネコヅメのよる」
メガネ嫌いの子に読んで欲しい絵本「めがねこ」、猫と眼鏡の物語

⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で
TAG :