ダレノガレ明美さん、保護猫シェルターへの支援プロジェクトを公開

モデルでタレントのダレノガレ明美さんがクラウドファンディングで猫の保護シェルターへの寄付を呼びかけています。

昔からネコ好きというダレノガレ明美さんは猫を飼っている芸能人としても有名で、一緒に暮らしているノルウェージャンフォレストキャットの「coco美」ちゃんと、ソマリの「ジジ吉」という2匹の猫への溺愛ぶりを自身のTwitterやInstagramで公開している愛猫家。

一方、昨年の熊本地震の際には被災地の動物病院へ支援物資を届けに訪れたり、今年の4月には、保護された野良猫が身籠っていた赤ちゃんの一匹「ダイソン」を引き取って家族の一員として迎え入れるなど、動物愛護や殺処分問題への関心の高さも伺えます。

そんなダレノガレ明美さんが、とあるご縁で出会ったのが神奈川県相模原市にある保護猫シェルター「たんぽぽの里」。

この施設では人に慣れていない猫はもちろんのこと、高齢の猫やウイルスキャリアの猫など、里親が見つかりにくい猫も含め年間約500匹を保護しており、その子たちの里親を見つけるための活動を続けています。

ダレノガレ明美さんはここで暮らしている猫たちの環境改善や新しい家族を見つけるために協力したいとの思いから、夢を叶えたい女性を支援するクラウドファンディングサービス「GirlsYell(ガールズエール)」にてシェルターへの寄付を呼びかけることを思い立ったのだとか。

寄付で支援するプランには1,000円〜50,000円まで6つの種類があり、集まった支援金は施設内のクリーニングや、運動不足を解消するためのキャットウォーク材料費用などに充てられる予定となっているほか、寄付者には支援金額に応じてさまざまなリターン(返礼)が用意されています。

<リターンの例>
お礼メッセージ動画、たんぽぽの里オリジナルグッズ(ポストカードセット、手作り石鹸、バスソルト)、ダレノガレ明美さんによるデザイングッズ(トートバッグ、Tシャツ)、コラボカレンダー、ダレノガレ明美さんと愛猫の写真集「MY BABY COCO美さんと、ジジ吉と」に任意の名前+直筆サインを入れたものなど。

今回ご紹介したクラウドファンディングは、2017年6月9日まで支援を募集しています。

また、ダレノガレ明美さんのご家族の方は、保護猫シェルター「たんぽぽの里」から猫ちゃんを引き取ったそうで、良いご縁があった様子。東京や神奈川周辺で猫ちゃんの里親になりたいと考えている方は、こちらのサイトもご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考:GirlsYell(ガールズエール) / たんぽぽの里

<関連記事>
竜之介動物病院、11/22〜野良猫の不妊手術を無料で実施
ダレノガレ明美、愛猫への想いが詰まったフォトブックを発売

⇒その他の最新猫ニュース