ニャンとライオンの三つ子が誕生!赤ちゃんとの触れ合いイベントを開催

和歌山県にあるテーマパーク「アドベンチャーワールド」で10月12日(木)から、ライオンの赤ちゃんと触れ合えるイベント「Hello!ライオンベイビー」が始まります。

和歌山県にあるテーマパーク「アドベンチャーワールド」アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドは動物園、水族館、遊園地が一体になった全国的にも珍しい形態のテーマパークで、園内ではジャイアントパンダの飼育展示、広大な敷地に放し飼いにされた動物たちの中を列車型牽引バス「ケニア号」で周遊するサファリツアー、イルカやアシカのショーなど、140種1400頭の動物たちを見ることができます。

アドベンチャーワールドのジャイアントパンダアドベンチャーワールドのジャイアントパンダ

そんなアドベンチャーワールドに2017年9月20日(水)、ライオンの三つ子の赤ちゃんが誕生しました。

アドベンチャーワールドで誕生した三つ子のライオンの赤ちゃん

ネコとライオン、どちらも同じネコ科に属する動物ですが、ライオンは百獣の王とも呼ばれ、ネコ科の中ではトラに次いで2番目に大きな動物。しかし生まれたばかりの赤ちゃんは目も見えず、よちよち歩きで動きも鈍く、とっても可愛いのです。

生まれた3頭はすべてオスで、両親はいずれもアドベンチャーワールド生まれのライオン。ちなみにアドベンチャーワールドにはオス15頭、メス16頭で、合計31頭ものライオンを飼育しているのだとか(今回誕生した赤ちゃん含む)。

赤ちゃんたちの大きさは10月3日時点で体長が約45cm、体重は約2.5kgと大人の猫ちゃんよりはまだ軽めで、可愛い盛りといったところでしょうか。

そんなライオンの赤ちゃんたちと触れ合えるイベント「Hello!ライオンベイビー」が、10月12日(木)から期間限定で開催されます。

イベントには「赤ちゃん抱っこ」と「記念撮影」の2種類があり、赤ちゃんの抱っこは40組(1組5名まで)限定で1組あたり1,000円の料金が必要。ライオンの赤ちゃんを膝の上で抱いて、記念撮影をすることができます。(抱っこは、1組につき1名)

ライオンの赤ちゃんを抱っこして記念撮影

一方、記念撮影は90組(1組5名まで)限定で料金は無料。バスケットに入ったライオンの赤ちゃんと記念写真を撮影することができます。

■ライオンの赤ちゃんを抱っこ
<申込方法>
2017年10月7日(土)11:00よりWebチケットストアにてチケットを販売。空きがある場合には以下の場所でもチケットが販売される予定です。
・エントランス受付カウンター(開園後20分間)
・ケニア号乗場チケットカウンター(開園後20分~)

料金:1,000円 / 1組
定員:40組(1組5名まで)
時間:14:00~15:00
※抱っこできるのは1組につき1名のみ

■ライオンの赤ちゃんと記念撮影
<申込方法>
イベント期間中の各日、アドベンチャーワールド内のセンタードーム「滝のある広場」にて14:00より先着順で受付を開始。

料金:無料
定員:90組(1組5名まで)
時間:14:00〜15:00

動物写真家で、これまでに沢山のネコと野生のライオンを撮影してきた岩合光昭さんによると、ネコとライオンは異なる点も多いけれど、それでも何処か似ているところがあり、撮影を重ねるうちに「ネコは小さなライオン、ライオンは大きなネコ」だと感じるようになったと言います。

猫が好きな人にとってライオンは、親しみを感じやすい動物でもあるんですね。

また、たくさんのライオンを飼育しているアドベンチャーワールドでも、赤ちゃんが誕生したのは今回3年ぶりで、ライオンの赤ちゃんと触れ合える機会はなかなか珍しいのではないかと思いますので、興味のある方はお出掛けしてみてはいかがでしょうか。

 

Hello!ライオンベイビー in アドベンチャーワールド

期間:2017年10月12日(木)〜11月5日(日)
時間:14:00~15:00
会場:アドベンチャーワールド
  :センタードーム 滝のある広場

和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地

参考:Webチケットストア アドベンチャーワールド
出典:kyodonews.jp