三重県、新しい動物愛護施設や猫キャラクターの愛称を募集中

三重県が、新たに建設中の動物愛護推進センター(仮称)の施設愛称と、マスコットキャラクターの愛称を募集しています。

県は現在、猫や犬の譲渡、動物愛護教室などの普及啓発活動を進めるために、「三重県動物愛護推進センター(仮称)」の整備を進めています。

<センター外観イメージ>三重県動物愛護推進センター 外観イメージ

このプロジェクトは、既存の県動物愛護管理センターが老朽化したため、新たな拠点として建替えを行っているもので、以下のような取り組みを行うことを目的としており、2017年5月のオープンを目指しています。

  • 殺処分ゼロに向けた取組
  • 災害時などの危機管理の取組
  • 団体やボランティアなどとの協創の取組
  • この施設が県の動物愛護の拠点として多くの人々に親しまれるように、愛称を募集することになったのが今回ご紹介する試み。

    愛称を募集しているのは「施設」「犬のマスコット」「猫のマスコット」の3点。

    施設は木造2階建てで延べ床面積は547㎡、1階には研修室、ボランティアコーナー、展示室、トリミング室、猫の飼育室、犬の飼育室、診察室、ドッグランが設置され、2階部分は倉庫になります(施設の外観イメージは上述の画像を参照)。

    三重県動物愛護推進センター 施設マップ

    マスコットキャラクターは犬と猫が1匹ずつ。「三重県動物愛護推進センターの犬猫マスコットキャラクター

    犬のマスコットは紀州犬をモチーフにした男の子。猫のマスコットは三毛猫をモチーフにした女の子で、背中に三重県の地図模様があるのが特徴です。

    猫のマスコットは三毛猫をモチーフにした女の子で、背中に三重県の地図模様が

    この3点について応募のあった作品の中からそれぞれ最優秀賞を1つずつ選び、賞状と賞品(1万円相当の商品券)が贈呈されます。

    ■募集期間
    2016年8月20日〜9月30日
    ※郵便の場合は当日消印有効、電子メールの場合は上記期間中に到着したものが有効

    ■募集内容
    推進センターの施設やマスコットキャラクターに相応しく、親しみやすい愛称(名前)を募集
    1.施設愛称
    2.マスコットキャラクター(犬)愛称(名前)
    3.マスコットキャラクター(猫)愛称(名前)

    ■応募資格
    三重県内に在住または三重県内に通勤・通学する方

    ■応募手段
    ファクシミリ、電子メール、郵便のいずれかの方法

    ■審査発表
    2016年11月下旬ごろ

    1回の応募につき、3点すべて応募することも可能ですが、1点または2点だけの応募も可能です。また、応募は何回でも行うことができますので、三重県に住んでいる方や通勤・通学されている方は気軽に応募してみてはいかがででしょうか。

    出典: http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0014700012.htm

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!