書籍紹介:猫をボールペンで描くとなぜこんなにも可愛いのか

動物をテーマにした白黒ペン画を描く画家、山田貴裕(やまだ たかひろ)さんによる初の画集が発売されています。

山田さんは猫や犬、フクロウ、ぬいぐるみなど、毛のあるものを対象に絵を描き、シンプルな画材を通じて動物の温かみ、生き生きとした様子が紙の上に表現される絵が特徴。

画家の山田貴裕さん引用:facebook.com

山田貴裕さんによる猫のペン画1引用:facebook.com

山田貴裕さんによる猫のペン画2引用:facebook.com

これまでに数々のグループ展に参加したり個展を開催しているほか、「国際公募 日現展」や「フランス現代美術世界展」入選などの受賞歴があります。

そんな山田さんがこれまでに描いたという200匹以上の動物画の中から、猫限定で、評価の高かったものや自身のお気に入り、最新作など約30匹を厳選した画集が本作品。

猫をボールペンで描くとなぜこんなにも可愛いのか引用:ameblo.jp

ボールペンを使って子細に描かれている猫の目や毛並みからは、猫のもつまるっとした柔らかみが感じられます。また、猫が見せる多彩な表情もリアルに描かれており、愛猫家の方は思わずニヤッとしてしまいそうな作品が収録されています。

猫の白黒ペン画で構成された写真集は珍しいのではないかと思いますので、猫好きな方は手にとって見てはいかがででしょうか。

■書籍情報
猫をボールペンで描くとなぜこんなにも可愛いのか
Book of Cats vol. 1 Kindle版
著者:山田貴裕

⇒その他のネコ写真集
⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

TAG :