オシキャット(Ocicat) – 猫の種類&図鑑

オシキャットの写真

オシキャット(Ocicat) - 猫の種類&図鑑Photo by pawesomecats.com

基本情報

原産 : アメリカ(人為的交配種)
祖先 : アビシニアンシャムなど
体型 : セミフォーリン
寿命 : 10〜15歳
体重 : 3.5〜6.5kg(オス)
体重 : 3.0〜5.5kg(メス)
毛種 : 短毛種
毛色 : レッドとクリーム以外すべて
毛柄 : タビー(スポッテッド)のみ
目色 : イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパー、グリーン、ヘーゼル

歴史

1964年、アメリカ人女性のブリーダー、「ヴァージニア・デリー」が「アビシニアン」と「シャム」を交配させたところ、1匹だけスポット(斑点)の模様を持つ猫が生まれました。この猫は「トンガ」と名付けられ、去勢されてペットとして引き取られていきました。その後、他のブリーダーたちがデリーの行った交配を参考に、アビシニアン・シャム・アメリカンショートヘアなどと交配させていった結果、オシキャットが誕生しました。CFAには1987年に公認されました。オシキャットという名前は、似たような斑点模様を持つ「オセロット」という野生の猫にちなんで付けられています。

特徴

最大の特徴はボディ全体に見られる斑点模様(スポット)で、完全に人為的に作られたものです。ベンガルエジプシャンマウなど、スポットを持つ他の猫は、自然発生によるスポットが遺伝することでその模様が現れていますが、オシキャットはスポットを持たない猫種を掛けあわせてスポットを作り出すことに成功した、唯一の猫種です。その被毛は光沢があり、サテンのようななめらかな手触りです。

性格

オシキャットのスポット模様は野性の猫を感じさせる風貌ですが、性格はとても社交的で人間が大好きです。飼い主にも従順で、投げたものを持ってきたり、お座りなどの芸を覚えることもあると言われています。

病気、怪我、注意点

ストレスを感じやすい猫なので、不満を解消したり環境の変化などに注意してあげる必要があります。ブラッシングは1日2回程度行うとよいでしょう。

オシキャットの動画

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で