本日8月8日は「世界猫の日」!世界各国の猫の日も紹介するニャ

本日8月8日は、国際動物福祉基金やその他動物団体によって定められた記念日「世界猫の日」です。

世界猫の日

国によってはキャットショーや猫にちなんだイベントが開催されたり、テレビ番組やWEBサイトで猫特集を組まれたり、家庭でお祝いしたりと、さまざまな形で猫が祝福されています。

しかし、日本では猫の日と言えば2月22日を思い浮かべる人が多いように、国ごとに猫の記念日を定めているケースも少なくありません。

というわけで、本日は世界各国の「猫の日」をご紹介したいと思います。

 

世界各国の猫の日

■2月17日(ヨーロッパの猫の日)
制定理由はよく分かっていませんが、イタリア、ポーランドなどヨーロッパの多くの国ではこの日を「World Cat Day」としているようです。

■2月22日(日本の猫の日)
「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝して、猫とともにその喜びをかみしめる」という趣旨のもと、1987年に制定。猫好きな学者さんや文化人の人たちによる「猫の日実行委員会」と、一般社団法人ペットフード協会の協議によって定められました。

日付の「2・2・2」と、猫の鳴き声「にゃん・にゃん・にゃん」の語呂合わせが由来となっています。

ちなみに、2月22日は「ニン!ニン!ニン!」で、忍者の日でもあります。猫だけでなく忍者へのリスペクトも欠かせません。

■3月1日(ロシアの猫の日)
モスクワにある猫の博物館が2004年に制定したとされ、キャットショーなどのイベントが開催されます。ちなみにロシアは猫の飼育率が世界で1位になるほど、猫好きが多い国です。

■4月4日(台湾の猫の日)
猫カフェ発祥の地とも言われている台湾では、愛猫家の団体「愛猫族連誼会」が猫の日を提唱。投票などによって4月4日に定められたようです。

■8月8日(世界猫の日)
米国に本部を置く世界的組織・国際動物福祉基金(IFAW)によって2002年に制定されました。その理由や背景は明らかになっていませんが、世界的には「Internationa Cat Day」や「World Cat Day」などと呼ばれ、キャットショーの開催、愛護活動の啓蒙など、思い思いの方法で猫をお祝いする国が少なくないようです。

■10月29日(アメリカの猫の日)
動物福祉の専門家の方によって「全米ネコの日」が2005年に制定されました。アメリカで猫の日と言うと、8月8日ではなく10月29日が一般的。猫に愛情を注ぐとともに、行くあてのないシェルターに収容されている猫の救済を推奨すべく、毎年祭典が行われています。

 

世界猫の日ハッシュタグ

ちなみに「世界猫の日」のハッシュタグは日本では「#世界猫の日」になりますが、世界的には「#worldcatday」「#internationalcatday」がよく使われていますので、これらのタグで他の国の猫好きさんがどんな投稿をしているのか見てみるのも面白いのではないかと思います。

Twitter│#worldcatday
Twitter│#internationalcatday
Instagram│#worldcatday
Instagram│#internationalcatday

 
ということで2月22日以外にも、猫を口実に盛り上がれる日はたくさんありますので、猫好きのみなさんは世界各国の猫の日に便乗して、どんどん猫への忠誠心や愛情を共有していただきたいと思います。

<関連記事>
世界調査:猫の飼育数、国別ランキング2003 vs 2014
世界調査:猫の飼育率1位はロシア、飼育数1位は中国