猫オーナーが一番困っているのは爪とぎだった

ペット総研から「うちの愛猫の困り指数」という調査結果が公表されています。

2015-06-17 0.25.06

愛猫の“困った行動”に対する“困り具合”を、
猫の飼い主さんに5段階で評価してもらったそうです。

調査項目は以下の5つ。

・爪とぎ
・トイレの粗相
・食べ物の好き嫌い
・ペットグッズの好き嫌い
・夜中に暴れまわる

まぁ、猫を飼っていればひととおり経験していることだと思います。

個人的にやられて一番精神的ダメージが大きいのはトイレの粗相です。あの臭いはね、人の心を折る力を秘めているのです。

朝起きた時や仕事で疲れて帰ってきた時に発見した時にゃあ、
その場は気付かないフリをして自分を落ち着かせるのに神経を注がなければなりません。

しかし結果は爪とぎがダントツで1位という結果に。

特に壁、柱、ソファ、じゅうたんなどに被害が出ているようです。

ソファやじゅうたんは研がれるのを前提に家具を揃えればいいんでしょうけどね。

壁や柱はそうはいきません。特に賃貸住まいの場合はね。

爪とぎをたくさん用意したり、壁の保護シートを貼りまくるのが現実的ですが、そこだけは勘弁してくださいよ、と猫にお願いし続けるといつか伝わるかもしれません。

・調査結果の詳細
ペット総研:うちの愛猫の困り指数

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で