岡山県で去勢避妊手術の助成金、4月から申請受付開始

岡山県動物愛護財団は、人と動物が共存できる豊かな地域社会が実現するための支援を目的としており、その一環として飼い猫と飼い犬の不妊去勢手術に助成金を交付していますが、4月から2016年度分の申請受付が開始されました。

岡山県で去勢避妊手術の助成金、4月から申請受付開始引用:ww9.tiki.ne.jp/~okadouaizai

助成金の金額および条件は以下のとおり。
メスの避妊手術:5,000円
オスの去勢手術:3,000円

■申請匹数
申請できるのは1世帯につき動物1匹のため、不妊手術を検討している猫と犬を両方飼っていても、どちらか1匹分しか申請できません。

■申請回数
助成金の申請ができるのは1回限りとなります。

■対象動物
・飼い猫または飼い犬(野良犬、野良猫、地域猫等は助成金の対象外)
・犬の場合は、岡山県内において狂犬病予防法に定める登録が済んでいて、助成金申請年度の狂犬病予防注射済票の交付を受けている犬

■対象者
以下の両方を満たす飼育者
・岡山県内在住者
・岡山県動物愛護財団の「ふれあい動物友の会」の会員

「ふれあい動物友の会」は助成金の申請と同時に入会可能ですが、年会費1,000円が必要となります。
また、会員になると以下の特典を受けることができます。

<ふれあい動物友の会の特典>
・財団や友の会の活動状況の他、動物のしつけ方、ペット情報など、動物愛護に関する情報が掲載された会報を年間4回程度送付
・犬・猫不妊去勢手術費(メス:5000円 オス:3000円)の助成の対象
・特別会員の企業のうち希望企業を対象に会報紙によりPR
・財団が主催する研修やイベント等へ優先的に参加
・図書・DVDの無料貸出し
・ドックラン利用の方(希望者)に愛犬の写真付き「らんらんカード」を発行
・リード等犬用グッズの会員価格(平均1割引)で販売
・その他、協賛施設利用時の割引

申請を行うには岡山県動物愛護財団のWEBサイトにある、「犬又は猫不妊去勢手術費助成金交付申請書」に必要事項を記入のうえ、運転免許証の写し等を添付して財団まで持参または郵送します。

審査に通過すると、交付決定通知書が郵送されてくるので、それが届いてから岡山県内の動物病院で去勢・避妊手術を行います。県外で出術を受けると助成対象になりません。また、助成金の交付が決定する前に去勢、避妊手術を受けた場合も助成の対象とならないので注意が必要です。

手術終了した後は、交付請求書に手術証明書と手術費の診療明細書写しを添付し、財団まで持参または郵送します。
その後、振込にて助成金の支払いが行われます。

 

岡山県動物愛護財団