猫との出会い方

猫とどこで出会って入手したり譲り受けたりするのか、その方法はいくつかあります。

どれにするかは飼い主となる貴方自身が決めることですが、可愛いからという軽い気持ちで飼い始めるのではなく、「猫を飼う前に考えること」にあるように、高齢の猫になって介護が必要になっても一生面倒を看るという気持ちを持って飼うことが大切です。

友人知人で猫を飼っている人や動物病院など、複数の人から客観的な意見を聞いてみると参考になるのではないかと思います。

 

動物愛護センター / 保健所

自治体には家から脱走した猫や迷子猫、捨て猫などが住民からの通報によって動物愛護センターや保健所に保護されています。そうした猫たちは一定期間が過ぎると残念ながら殺処分されてしまいます。

特に猫の品種にこだわっていない場合は有力な選択肢ですが、猫の年齢や病歴などが分からないことが多いので、初めて猫を飼う場合は保健所の方や保健所から貰い受けたことがある人などに相談にのってもらうと良いでしょう。

 

保護団体 / 里親募集

捨て猫や野良猫を保護して里親を探す活動を行っている団体が日本全国に数多くあります。保健所に保護されて殺処分待ちとなっている猫を引き取っている団体もありますので、猫の品種にこだわっていない場合はこちらも有力な選択肢です。

保護団体によって猫の健康面がサポートされていることが多く、譲渡後に不安なことがあったら相談にのってくれたり、彼らの飼育ノウハウを提供してもらえるのは大きなメリットです。

保護活動を行っている団体はホームページで活動内容を公開していたり、保護施設を見学できるところも多いので、そうしたところで得た情報から共感する保護団体の猫を引き取るというのも良いと思います。

 

保護猫カフェ

いまや全国的にもお店が増えてきた猫カフェですが、保護された猫と触れ合えるタイプの猫カフェです。猫となんども触れ合ったり相性をみたりして、この子を飼いたいと思う気持ちが芽生えたら、譲渡してもらえるか相談できる仕組になっています。

カフェで消費したお金は猫の保護活動に充てられ、普通の猫カフェとして利用するだけでも保護活動に貢献することができますので、軽い気持ちで行ってみてもよいでしょう。

 

友人・知人

友達やまわりの人が飼っている猫が子供を産んだ場合に、貰い受ける方法です。

貰い受ける時に費用が発生しないことが多いと思いますので、その点はメリットとして考えることもできますが、幼少期の猫の場合は健康診断やワクチン代などを自分で払う必要がありますので、保護団体から貰い受ける場合と比べてそんなに費用的なメリットがある訳ではありません。
頼まれて猫を貰い受ける場合は、猫を飼う前にしっかり考えることが大切です。

 

ペットショップ/ブリーダー

スコティッシュフォールドやアメリカンショートヘアーなど、純血種の猫を飼いたいと思っている人はペットショップに行って店員に相談してみると良いでしょう。

どうしてもこの品種の猫が飼いたいと決めている場合は、インターネットなどでブリーダーを探してコンタクトを取ってみましょう。
 

これらの情報を踏まえたうえで、管理人個人の意見としては、会った瞬間に「ビビっ」と来た猫ちゃんがいたら、その感覚は大事にしていただきたいと思います。

多くの人が、はじめて猫を飼いたいと思うきっかけは、やはり「猫が可愛い」という要素が大きいと思うのです。

なんとなくこの猫でいいとか、本当はもう少し違う猫が良かったのだけど・・・という思いがあるまま決めてしまうと、猫を迎え入れた後もそのことが尾を引いてしまうかもしれません。
もちろん一緒に暮らしていく過程で、そのような思いは消えてしまうこともあるでしょう。

しかし、猫を一度も飼ったことがない場合は、猫の生活音や臭い、トイレのお世話などを経験すると、想像以上に大変だと感じる人もいるはず。
猫以外のことで落ち込んでいる時に、そのようなネガティブな感情が重なってしまうと精神的に堪えることもあるでしょう。

そんな時、「本当はこの子ではなかったんだけどなぁ」という思いが残っているより、「自らの意思でこの子を飼いたいと思ったんだよな」という思いがあった方が、一生猫の面倒を見ていくうえで心の支えになると思うのです。

猫との生活にも慣れて次に迎え入れる猫の場合は、そのようなことはあまり気にならなくなると思いますが、一番最初に迎える猫ちゃんにはそうした思い入れがあった方が良いのではないかと個人的には思っています。

ひとつの意見として、参考にしていただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!