猫の飼育に家族の同意があるか

家族と一緒に暮らしている場合には、家族全員が猫を飼うことに同意していることが重要です。

特に里親募集などで猫を貰い受ける場合には、家族全員の同意を必須条件としている団体が多いはずです。

「猫の面倒はぜんぶ自分一人で見るから大丈夫!」と思っていても、いざ飼い始めてみると、常に猫のことを優先して行動できない場合もでてきます。友人関係や職場関係などを優先しなければならないこともあるでしょう。

そんな時、家族のサポートが得られない状況だと、自分の実生活の方に支障が出てきてしまいます。

また、猫と一緒に暮らし始めると、鳴き声、生活音、臭いなど飼育する前にはなかった環境の変化が出てきますので、同意を得られていない状況だと、猫による環境の変化が家族の心の負担になってしまうことも考えられます。

そうした状態で猫を飼い続けることは貴方にとっても家族にとっても、猫にとっても良い状況ではありません。

意外な盲点が独身のひとり暮らしの方です。

将来結婚したいと思った相手が現れた時に、その相手が猫好きだったら何の問題もありませんが、猫が苦手だったり嫌いだったりしても、猫の飼育を放棄するわけにはいきません。

相手を説得したり、猫と一緒に暮らしていけるよう生活に工夫したりする必要があることを認識しておきましょう。