猫を飼う前に考えること

終生飼育できるか
猫を飼っていて思いもよらぬことが起こると、猫を飼育するのが難しくなってしまう事があるかもしれません。そのような状況でも、猫の飼育を放棄する訳にはいかないことを認識しておきましょう。

経済的に飼育可能か
猫を飼育するうえで必要な費用はある程度予測できますので、急な出費がかさんでも、飼い主さんの生活に支障が出ない程度の経済的なゆとりが必要です。

住居環境に問題ないか
住居環境はそう簡単には変えることができませんので、飼育するのに不向きな条件や対策の必要性などを理解したうえで、猫を飼うことを検討した方が良いでしょう。

サポートを受けられるか
猫はご飯やトレイの世話はもちろん、適度に遊んであげたりしないとストレスが溜まってしまいます。連泊で家を空けるような場合には、周りの誰かやサービスを利用するなどして自分の代わりに猫のお世話をしてくれる手段が必要です。

家族の同意があるか
家族のサポートが得られない状況だと、自分の実生活の方に支障が出てきてしまいます。猫による環境の変化が家族の心の負担になってしまうことも考えられます。

猫と触れ合う時間あるか
猫と触れ合う時間が作れなければ猫はストレスが溜まってしまいますし、健康や体調の変化にも気づきにくくなってしまいます。忙しくても猫とスキンシップを取ることができるかどうか考えてみましょう。

老猫を介護する覚悟があるか
猫も人間と同じように高齢になると、日常生活に支障がでてくることがあります。老猫になるとどのようなことに注意しなければならないのかを事前に知っておき、そうしたことも含めて猫の面倒を終生見てあげるという心構えが必要です。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で