岩合光昭の世界ネコ歩き。2月19日の新作は「バリ島」です!

岩合光昭の世界ネコ歩き。2月19日の新作は「バリ島」です!

みんな大好き、岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」。
2月の新作は「バリ島」です。

今週2月19日の金曜日、21時からNHK BSプレミアムで放送予定となっています。

ということで、本日は少しだけバリ島の猫事情についてご紹介します。

バリ島は「神々の島」とも呼ばれ、約9割の人がバリ・ヒンドゥー教(バリに昔からある信仰とインド仏教やヒンドゥー教が混ざり合った信仰体系)を信仰していると言われてます。

そんなバリ島では、野良で暮らしている犬や猫が多いそうで、その数は猫よりも犬の方が多いのだそうです。また、猫や犬を飼っていたとしても放し飼いになっていることが多く、日本のように室内で飼うという習慣はあまりなさそうです。

外で暮らしている犬や猫が多いと、食べるものに困って殺伐としてそうな感じがしてしまいますが、意外にも食べ物にありつける理由がありました。

バリの人たちは毎日、神様にお供え物をするの習慣があります。

ご飯やクッキーなどの食べ物をバナナの葉に載せて家の中や外、職場、お店、お寺など多くの場所にお供えしているため、外で暮らしている犬や猫たちはそれを拝借しているみたいですね。


Bali Offerings 2
photo by Yvette Tan

こうして見ると、バリの人はあまり猫に対して良いイメージがないのかなぁ〜なんて思ってしまいますが、実はバリ島では、猫はサラスワティー(芸術や知識の神様)の化身と言われ親しまれているそうです。

バリ島在住で猫を飼っている方の日本語ブログがありましたので興味がある方はご覧ください。



南の小さな神の島 バリ島で...南の小さな神の島 バリ島で…

 

さて、そんなバリ島で岩合さんはどんな猫と出会ったのでしょうか。
楽しみに待ちましょう。
 

NHK BSプレミアム:岩合光昭の世界ネコ歩き
2月19日(金)午後9時~「バリ島」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!