人間も猫になれる!リモコンで動く猫耳としっぽが発売中

猫好きな人の中には、いつか猫になりたいと思っている人たちが少なからずいますが、そのような人たちに向けて猫になりきるためのアイテムがたくさん販売されています。

Cat Pressでもこれまで、人間の脳波をキャッチして動く「ネコミミ」や、尻尾が付いている「猫モテジーンズ」などを紹介してきましたが、アメリカのThinkGeekという通販サイトで簡単に猫になりきれるアイテムを2つ見つけましたのでご紹介したいと思います。

 

Twitchy Kitty Cat Ears(動く猫耳)

動く猫耳引用:thinkgeek.com

ネコミミ」は脳波から心の動きを推測して耳で表現するという高度な玩具でしたが、こちらはリモコンでピコピコと耳を動かすシンプルなもの。
 

と思いきや、耳の動きのパターンは全部で7通りもあり、
猫耳の動きのパターン引用:thinkgeek.com
 

それをこのリモコンを使って表現しなければなりません。
猫耳のリモコン引用:thinkgeek.com

耳の動きや操作を覚えるのはなかなか大変そうですが、本物の猫は左右の耳を自在に操っていますので、これくらいの猫耳は使いこなせるようにしておいた方がよいでしょう。

 

Twitchy Kitty Electronic Tail(動く猫のしっぽ)

動く猫のしっぽ引用:thinkgeek.com

しっぽは付属のオン/オフのボタンを素早くタップすると左右に振られ、猫が不機嫌な時に見せるような動きに似ています。猫耳に比べるとずいぶん動きのパターンが少ないですが、これくらい簡単な方が使いやすいような気もしますね。
 

しっぽの付け根にはクリップが付いているので、ボトムスに挟むだけでしっぽを簡単に生やすことができます。
しっぽのクリップ引用:thinkgeek.com

 

両方身につけると猫になれるのか?

では上で紹介した2つのアイテムを装着すると何処まで猫に近づけるのか、こちらの動画で検証されています。

いかがでしょうか。

猫耳はビジネスで身につけるには大変違和感がありますが、「スーツ×しっぽ」の組み合わせは意外に馴染んでいるように見えます。しかし、実際にこんな上司が職場にいたら鬱になりそうですね!

さて、この商品。料金は猫耳が29.99ドル(約3,100円)、しっぽが34.99ドル(約3,600円)、日本に配送する場合は別途送料が$44.84(約4,300円)かかりますので、11,000円ほどで日本でも購入することができます。

職場に猫好きな人が多い方は、会社のパーティーグッズとして購入を検討してみてはいかがででしょうか。

<関連記事>
脳波をキャッチして動く「nekomimi ネコミミ」
爪とぎと尻尾が一体化した「猫モテジーンズ」

→その他の猫グッズ紹介記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!

CATEGORY :