ペット用歯ブラシの「シグワン」から、猫用の歯ブラシが新登場

ペット用歯ブラシNo.1ブランドの「シグワン」から、猫用の歯ブラシが登場しました。

360°方向に1万本以上の毛先を植毛した歯ブラシ「シグワン」は2003年に世界で初めて開発され、ペット用としては小型犬と超小型犬(猫)向けの商品が販売されてきました。

ペット用の歯ブラシ「シグワン」

一般的な歯ブラシは、持ち手(柄)の土台であるプラスチック部分がペットの歯や歯茎に当たることや、毛の太さが0.2mm前後と太いため、歯茎への負担によりペットが嫌がってしまい、うまく歯磨きができないケースが少なくありません。

「シグワン」の歯ブラシは全周に360°毛があるため、毛先をペットの歯に上手に当てる技術が不要なだけでなく、毛の太さも0.07mmと細く歯茎への負担が軽いことから多くの愛犬家が利用。子供用や介護用も含めると年間250万個が販売され、国内のみならず海外でも10ヶ国以上の国々で販売されています。

■シグワンの紹介動画

そんな「シグワン」シリーズに待望の新製品「猫用の歯ブラシ」が登場。

既存品である超小型犬用の「シグワン」は主に犬用として販売されていましたが、「猫でもOK」とパッケージに記載されていることから、猫の飼い主さんからも多く利用されていました。

販売元の会社によると、昨今の猫ブームの影響もあり最近は「猫専用の歯ブラシが欲しい」「歯ブラシのヘッドを小さくして欲しい」といった猫固有の要望が増えてきたことから、新たに改良を加えて「猫用の歯ブラシ」を販売するに至ったといいます。

 

猫用の歯ブラシの特徴

猫用の歯ブラシ「シグワン」

■歯ブラシのヘッドサイズを、小型犬用のサイズから更に小さく改良(11.7mm→10.7mm)。

■360°型の歯ブラシなので、プラスチック部分が、歯や歯ぐきに当たらずどこからでも磨ける。

■業界最細0.05mmの超極細毛を採用。約3万本(従来歯ブラシの30倍)の毛先で歯と歯の間や届きにくい奥歯の汚れもしっかり除去。

■猫ユーザーに喜んでもらえるよう、持ち手はピンクの肉球色に。

 
この猫用の歯ブラシは、8月3日より全国のペットショップなどで販売される予定となっています。

出典:vivatec.jp

→その他の猫用品紹介記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!

CATEGORY :
TAG :