愛猫の写真からハンカチが作れる「nuu.uno ヌーノ」

最近では愛猫の写真からアイテムを作ってもらえるサービスがたくさん登場していますね。キーホルダーやメモ帳など一般的なものから、プリザーブドフラワーやトイレットペーパーなどちょっと珍しいものまで。

猫の顔が飛び出す立体キーホルダー「MyPoppet(まいぽぺっと)」

こうしたアイテムは、猫がそばにいない時でも愛猫の存在感を感じられるため、猫を飼っている人の中には誕生日などの記念に何か作ってもらったことがある、という方もいるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのもそんなアイテムのひとつで、愛猫の写真をハンカチにできる「nuu.uno (ヌーノ)」というサービスです。

写真からハンカチを作れる「nuu.uno (ヌーノ)」の実物イメージ

このサービスは印刷方法や生地の品質にこだわり、日本の伝統的な技術に人工知能などの最新テクノロジーを用いて作られる、新しいスタイルのフォトハンカチ。

素材には肌触りの良い天然綿100%を採用し、大きさは約54x54cmと一般的なハンカチよりも大判サイズのため、ミニスカーフ替わりに使ったり包装などにも利用できるほか、お部屋のインテリアとしてポスターのように壁に飾ることもできます。

写真を元にしているためリアルな表現力がありつつも、布の質感がやわらかい雰囲気を醸し出していますね。

日用品などのこうしたアイテムは大量注文でないと作ってもらえないこともありますが、オーダーメイド形式で1枚からでも注文することができます。

このフォトハンカチは現在、ウェブサイトから購入できるのですが、写真をハンカチにするとどのような質感や仕上がり具合になるのか、実物を見てみたいところですよね。

実は3月29日から東京の伊勢丹新宿店にて、フォトハンカチの受注会が期間限定で開催されており、USBメモリやSDカードなどで写真データを持参すれば作成してもらうことができます(受注生産のため、手元に届くのはイベント終了から約1.5〜2ヶ月後になる見込み)。

写真の推奨サイズは1080×1080px以上となっていますので、スマホで撮影した写真であれば概ね条件を満たしそう。FacebookやInstagramなどに投稿したお気に入りの一枚をハンカチにすることもできそうですね。

nuuunoさん(@nuu.uno)がシェアした投稿 |

また、販売者のヌーノは、地方の職人さんや高齢者、障がい者の人たちとの取り組みにも力を入れており、今回発売されているフォトハンカチも、地方の職人さんや高齢者の人たちによる協力のもと制作。利益の一部は、障がい者や高齢者の人たちにも安心して働ける施設を開設するための費用に充てられる予定となっています。

 

nuu.uno フォトハンカチ受注会

期間:2017年3月29日(水)~4月11日(火)
会場:dogdeco伊勢丹新宿店 本館5F
価格:3,241円(税抜)/1枚

<注文の際に必要となるなもの>
・USBメモリやSDカードなどに保存した写真データ
(サイズは1080x1080px以上)

受注会の会場では実際の商品が店頭に飾られており、質感や出来上がりのイメージを参考にしながら注文することができますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

出典:prtimes.jp

<関連記事>
まるでニャポニカ学習帳!愛猫の写真でメモ帳が作れるにゃ
猫トイレットペーパーが新発売!愛猫の写真で作れるプランも
猫の顔が立体的に飛び出すペットフォト!愛猫の記念品に最適
愛猫の顔がニャッと飛び出す立体キーホルダー「MyPoppet」

⇒その他の猫グッズ紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

CATEGORY :