ネコ型の焼き菓子「鎌倉ねこサブレ」猫雑貨店のNECOL鎌倉で発売開始

可愛い猫の形をしたお菓子「鎌倉ねこサブレ」が猫の雑貨店・NECOL鎌倉で新たに発売されました。

可愛い猫の顔の形をしたお菓子「鎌倉ねこサブレ」ネコ型のサブレですニャ

NECOL鎌倉は、日本とフランスで活動する猫アートのプロジェクト「NEKO-EXPO」の販売部門として今年の1月に神奈川県鎌倉市にオープンしたお店。店内には国内外の作家による猫作品や猫グッズなどが並んでいて、他のお店では手に入らない一点モノの作品を中心にしたショップスペースと、作家による猫作品の個展や企画展を行うギャラリースペースがあります。

作家による猫作品や猫グッズなどを取り揃えたお店、「NECOL鎌倉」

そんな猫づくしな同店から、新たに発売されたのが「鎌倉ねこサブレ」。

鎌倉の老舗ベーカリー「セデリカ」と共同で開発して焼き上げたお菓子は、さくさくふんわりした食感と素朴な甘みが特徴。NECOL鎌倉がお菓子からパッケージまでデザインした鎌倉生まれ鎌倉育ちのサブレです。

猫の雑貨店・NECOL鎌倉で販売している焼き菓子「鎌倉ねこサブレ」

実はこの商品、事前にテスト販売が行われていたのですが、口に含むと溶け出すような柔らかな甘みと見た目の可愛さが相まって人気を博し、あっという間に売り切れてしまうほど好評だったのだとか。

それを受けてこの度、パッケージのデザインを新たに一般販売されることになりました。

鎌倉ねこサブレは3枚組で1セットになっていて、お値段は600円(税込)。賞味期限は製造から約1ヶ月と長めなので、猫好きな人へのお土産に喜ばれそうですが、パリパリと食べ歩きしながら鎌倉観光をするのも楽しそうです。

鎌倉・鶴岡八幡宮のイメージ写真

お菓子のサブレと言えば、同じく鎌倉にある老舗のお菓子メーカー豊島屋(としまや)の鳩サブレーが有名ですが、果たして鎌倉の新たな定番土産として定着するのかどうか、猫好きとしては期待したいところですね。

お店の場所は鎌倉駅から富岡八幡宮へ向かうメインストリート「小町通り」の中間あたり。富岡八幡宮からも徒歩3分とアクセスしやすい立地にありますので、猫好きな方は鎌倉を訪れた際に立ち寄ってみては。

■NECOL鎌倉
時間 :10:00~18:00
定休日:水曜日
最寄駅:鎌倉駅東口 徒歩5分


神奈川県鎌倉市小町2丁目12-27 鶴ケ岡会館1F

出典:prtimes.jp