置き場所に困らない、室内ドアの側面に設置できる猫ハウス

猫ベッドにトイレ、ケージ、キャットタワー、爪とぎ、食器、オモチャなど、猫を飼っていると思いのほか猫用品が部屋のスペースを占有してしまうもの。そのため、少しでも部屋のスペースを有効活用したいと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

困ったポーズの猫

特にひとり暮らしで猫を飼っている場合は、なるべく効率よく空間を利用して猫用品を配置したいところですよね。

今回ご紹介するのは、室内ドアの側面に取り付けられる便利な猫ハウス。一般的にドアの前というのは扉を開け閉めする必要があるため、物が置けないデッドスペースになりがちです。

室内ドア

そこで、ドアに猫ハウスを取り付けてしまえば、扉を開け閉めしても一緒に猫ハウスが移動するので邪魔にならない、という発想から生まれたのが「Hangin ‘Cat Condo」という猫ハウス。

場所を取らないドアに設置できる猫ハウス「Hangin Cat Condo」

中は5つの小部屋に仕切られており、5匹まで同時に猫を収納することが可能。前面や側面には全部で7つの穴が空いており、そこから自由に出入りしたり、飼い主さんが中の様子を見たりすることができます。また、内部にも猫が各部屋を登り降りするための穴が空いているので、ジャンプ力がない猫ちゃんでも一段ずつ登っていくことができるようになっていますよ。

猫ハウス「Hangin Cat Condo」の製品イメージ

猫ハウス「Hangin Cat Condo」に入った猫

猫ハウス「Hangin Cat Condo」の中からこっそり覗く猫

猫ハウス「Hangin Cat Condo」の中で寛ぐ猫

各部屋の床は、軽量で耐久性のあるプラスチックを差し込んで組み立てるので、完成後に猫が中に入っても安定感があります。

猫ハウス「Hangin Cat Condo」の組み立て方

プラスチック製の板を差し込んで床を作る猫ハウス「Hangin Cat Condo」

製品の布には登山用のリュックにも使われる強度(600デニール)がある素材が使われているほか、防水仕様になっているため、猫が中で嘔吐してしまってもお手入れしやすいような設計になっています。

取り付け方は簡単。本体を組み立てたらドアの上部に2箇所にフックを設置し、
猫ハウス「Hangin Cat Condo」を取り付けるためのフックをドアに設置

そこに本体を引っ掛けて吊るします。
ドアのフックに猫ハウス「Hangin Cat Condo」を引っ掛ける

ドアの下にもフックを設置し、
ドアの下にも猫ハウス「Hangin Cat Condo」を取り付けるためのフックを設置

カバンのベルトを締めるような感じで固定します。
ベルトを締めて猫ハウス「Hangin Cat Condo」をドアに固定

製品の大きさはスモールサイズとラージサイズの2タイプがラインナップ。横幅の大きさが18cmほど変わります。

■スモールサイズ
概寸:W40.6cm x D40.6cm x H165cm
重さ:5.0kg

■ラージサイズ
概寸:W58.4cm x D40.6cm x H165cm
重さ:6.8kg

小部屋は5つもいらないんだけど・・という場合は、若干仕様が異なりますが2つ部屋のバージョンもありますよ。

部屋が2つある、ドア設置型猫ハウス「Hangin Feline Funhouse」

この商品を開発したのは、アメリカの「K&H Pet Products」というペット用品ブランド。過去に当サイトで取り上げたこともありますが、吸盤で窓に設置できるタイプの猫ベッドを開発した企業です。

K&H Pet Productsの猫ベッド「EZ ウィンドウ マウント」外を眺めるのにベスポジなのですニャ〜

窓の側面に猫ベッドを取り付けられる便利なアイテムですが、今回ご紹介した猫ハウス同様、普段あまり使われていないスペースを有効活用する猫用品の開発力に優れている企業なんですね。どちらも猫を飼っている人にはワクワクしてしまうアイテムではないでしょうか。

さて、今回ご紹介した猫ハウスですが、設置できるドアは開き戸のみで、ドアをスライドさせるタイプの引き戸には取り付けられませんのでご注意を。また、外に面しているドアに取り付けると扉を開けた時に猫が逃げてしまいますので、室内ドアに取り付けてあげてくださいね。

(C) K&H Manufacturing

<関連記事>
吸盤で窓に設置できる猫ベッド、EZ マウント ウィンドウ

⇒その他の猫ハウス紹介記事
⇒その他の猫用品
⇒その他の最新猫ニュース