食べた後も再利用できるネコ型のお弁当「福ねこ弁当」が登場

ネコの形をしたお弁当箱に、こだわりメニューのおかずとご飯が入った「福ねこ弁当」の一般販売が本日から始まりました。

ねこ型弁当「福ねこ弁当」

これは地域の企業向けに仕出し・会議用幕の内や、弁当給食サービスを提供しているオリエンタルフーズが企画開発したお弁当。

東京都の立川市にあるこの会社は社長をはじめ従業員に大のネコ好きな人が多く、普段の日常会話は猫ネタが多い職場環境なのだとか。

そんな社内のアイディアから生まれたというこの企画は、まずネコの形をしたお弁当箱の製作に着手。猫好きが多いだけに容器の形には妥協できなかったようで、デザイナーや工場で何度も作り直して出来上がったのが、このネコ型のお弁当箱です。

猫の形をしたお弁当箱、福ねこ弁当ひと目で猫と分かるフォルム

中にはおかずとご飯が入っている福ねこ弁当中身もちゃんと入ってますにゃ

猫の首輪に見立てたランチベルト。本物の鈴付きにゃんとバンドが首輪に。鈴も本物♪

お弁当のラインナップは「雅」「蘭丸」「桜」の3種類で、それぞれ猫のデザインやお弁当の中身が違います。

ねこ型弁当「福ねこ弁当」は3種類のラインナップ

 

福ねこ弁当 雅(みやび)

福ねこ弁当 雅(みやび)

雅はちょっとツンデレな女の子。さっぱりヘルシーな梅じゃこ豆ご飯と女性が喜ぶおかずを意識したメニューです。

ご飯 :梅じゃこ豆ご飯
メイン:鶏の胡麻味噌焼、まぐろの竜田揚
副菜 :厚焼玉子、カニカマ、海老しんじょと地野菜を使った炊き合わせ、鴨スモークと温野菜、金平ごぼう、栗の渋皮煮

 

福ねこ弁当 蘭丸(らんまる)

福ねこ弁当 蘭丸(らんまる)

蘭丸は元気いっぱい男の子。タコウインナーにミートボール、唐揚げなどお弁当の定番アイテムが入っています。

福ねこ弁当 蘭丸(らんまる)の足跡は手作業でスタンプ足跡はにゃんと1つ1つ手作業でスタンプ

ご飯 :オムライス
メイン:甘酢ミートボール、鶏の唐揚げ
副菜 :厚焼玉子、タコウインナー、海老しんじょと地野菜を使った炊き合わせ、鴨スモークと温野菜、金平ごぼう、栗の渋皮煮

 

福ねこ弁当 桜(さくら)

福ねこ弁当 桜(さくら)

桜は穏やかなふんわり系女子。東京名物の深川めしに、豚の角煮、えびフリッターなど食べごたえ充分のお弁当です。

ご飯 :深川めし
メイン:三元豚の角煮、えびフリッターのスウィートチリソース
副菜 :厚焼玉子、カニカマ、海老しんじょと地野菜を使った炊き合わせ、鴨スモークと温野菜、金平ごぼう、栗の渋皮煮

どれも可愛らしいお弁当箱と美味しそうなメニュー(季節によって変更あり)ですが、なぜお弁当箱に性別などのキャラ設定があるのか。実はこのお弁当箱のモデルになっているのは、同社の社長の家にいる3匹の保護猫なのだとか(見た目が被るので蘭丸君の柄だけ架空の設定になっているそうです)。

福ねこ弁当のモデルになった猫たち

猫をモチーフにしたお弁当箱の多くは猫の絵が描かれているものが多いですが、耳やボディまで猫の形にデザインされた容器は珍しいですよね。しかも中身まで詰まっているとは。ランチでこんなお弁当が出てきたら、思わずテンションが上ってしまいそうです。

福ねこ弁当の中身(ご飯+おかず)

しかも食べ終わったお弁当箱は小物やお菓子入れたり、手作りスイーツの型を取ったりと、食後も再利用して楽しめるのが嬉しいところ。

入れ物としても使える福ねこ弁当の箱

猫の型を取ることもできる福ねこ弁当の箱

今回ご紹介した「福ねこ弁当」は配達エリアが東京近郊、発注できる最低単位は45個(3種類×15個)となっていますので、個人で気軽に頼むというのにはちょっと向いていなそう。

福ねこ弁当の配達イメージ

猫グッズの販売会や展示会、猫カフェ、猫好きツアー、婚活イベントのランチメニューなど、猫好きな人の集まりに登場すると、盛り上がりそうなお弁当セットですね。

出典:atpress.ne.jp