爪とぎを完備した猫用の消防車が登場!ペットによる火災を注意喚起

神戸市消防局とフェリシモ猫部がコラボしたアイテム、猫が中に入って遊べる消防車型の爪とぎ付きボックスが登場しました。

爪とぎを完備した猫用の消防車が登場!ペットによる火災を注意喚起

神戸市消防局ではこれまでに市民への防火・防災情報発信の新たな形として、食品会社とコラボした「消防隊カレー」や、洋菓子の製造会社とコラボした「消防車のケーキ」など、企業とコラボした商品の開発に取り組んでいます。

消防隊カレー消防隊カレー(C) City of Kobe

消防車のケーキ神戸市消防局のコラボ商品、消防車のケーキ(C) City of Kobe

フェリシモとは昨年、防火・防災情報の発信に関する連携協定を締結し、消防服(活動服・防火服)を模したペットボトルホルダーのコラボ商品を発売しており、今回登場した消防車型の爪とぎ付きボックスは、コラボ商品の第二弾となります。

消防服デザインのペットボトルホルダー「ミュニデ®」ペットボトルに着せると消防士さんに変身

住宅火災といえばタバコやガスコンロ、ストーブなどが出火原因としてあげられることが多いですが、実はペットに起因する火災も件数こそ少ないものの全国で毎年のように発生しているのだとか。

室内で飼っている猫が犬が電気コードや充電器などのケーブル類をかじってしまい、回線がショートして火事になってしまうなど、ペットによる事故への注意喚起することを目的に企画・開発されたのが消防車型のボックス。

製品には可愛いメッセージカードが添付されていて、カードの中でペットによる火災に注意を促す情報が記載されています。

神戸市消防局とフェリシモ猫部のコラボ商品、消防車型の爪とぎ付きボックス底面に貼れる滑り止めシール付きですにゃ

このボックスは単に消防車っぽい色と形をしているのではなく、実際に神戸市の消防署に配備されている特殊災害対策車「神消22」のデザインをモデルに設計。「神消22」は放射性物質や有毒ガスなどによる特殊な災害に対処するための特別車両なのですが、「神消にゃんにゃん」と読めることから、本車両がモデルになる事が決まったのだとか。

消防車型の爪とぎ付きボックスのパーツ組み立て説明書付きなので安心ですニャ

実際の車両内部には、特殊災害に対応するための資機材が積まれていますが、この製品では代わりに爪とぎボードを積載。猫さん用の設備に改造されていますよ。

消防車型の爪とぎ付きボックスで遊ぶ猫手を出して遊べるニャ〜

■猫さんのつめとぎ付き消防車「HAZ-MAT KOBE119」
<セット内容>
猫用つめとぎハウス1個、デザインシート・組み立て説明書・消防情報カード各1枚

<素材>
紙(段ボール)、プラネジ:ポリエチレン、滑り止めシール:クロロプレンゴム、デザインシート:紙

<サイズ>
高さ約33.5cm、幅約27cm、奥行き約45.5cm(組み立て時)デザインシート:縦約30㎝、横約42cm
※耐荷重8㎏

<価格>
3,008円(税込み)

猫を飼っていて平穏な日々を過ごしていると、事故や危険なことへの注意は薄れていきがちですが、この爪とぎのように楽しみながら注意喚起できるアイテムは飼い主さんにとっては嬉しいですね。

猫友さん同士でプレゼントし合ったりしてみてはいかがでしょうか。

出典:prtimes.jp

⇒その他の爪とぎ紹介記事
⇒その他の猫用品
⇒その他の最新猫ニュース

  •  
  • 服部幸の愛猫とのハッピーライフプログラム(DVD)