丁寧な解説付き!大人が楽しむネコの塗り絵「ナーゴの猫たち」

絵本やカレンダー、ポストカードなどで人気の猫物語シリーズ、「ナーゴ」をテーマにした猫の塗り絵が登場しました。

『塗り絵 ナーゴの猫たち』の表紙

「ナーゴ」とは、著者・モーリーあざみ野さんによる、(架空の?)猫の楽園国家。

2001年にNHK出版から初めて発売された絵本「ネコ町物語…ナーゴ」は、現地に移り住んだことがあるという著者がナーゴの街の歴史や地理、言葉、通貨などの基本情報から、そこに住んでいる102匹の猫たちまでを可愛らしいイラスト付きで紹介しているユニークな絵本で、その後もたくさんのシリーズ作品が登場しています。

細かな設定とイラストによって描かれているその世界観は、まるで本当に実在する国家のようだと評判で、猫好きな人の中にはご存知の方もいらっしゃるのでは。

今回発売されたのは、そんな「ナーゴ」の世界の猫をテーマにした塗り絵で、お手本や解説を見ながら塗るだけで本物そっくりのナーゴの猫が描けてしまうという、猫好きな人にとっては気になる一冊です。

塗る前のイメージ「塗り絵 ナーゴの猫たち」を塗る前

塗った後のイメージ「塗り絵 ナーゴの猫たち」を塗った後

本書には、1ページサイズの大きい塗り絵が6点、ポストカードとして使える塗り絵が4点、合計10点の塗り絵が収録されており、作者・モーリーあざみ野さんによる、美しいカラーの丁寧な解説が全作品に付いているので、お手本を見ながら気軽に塗ることができるようになっているのが特徴です。

「塗り絵 ナーゴの猫たち」のお手本・解説内容1

「塗り絵 ナーゴの猫たち」のお手本・解説内容2

「塗り絵 ナーゴの猫たち」のお手本・解説内容3

「塗り絵 ナーゴの猫たち」のお手本・解説内容4

塗り方のアドバイスは「透明水彩」と「色鉛筆」の2種類書かれているので、透明水彩で塗るのはちょっと難しそう・・という方は、色鉛筆でもチャレンジすることができますよ。

「塗り絵 ナーゴの猫たち」は見本と並べて塗ることもできます

塗り絵の部分はキリトリ線で切り離せるようになっているので、お手本の横に置いて見比べながら塗ることが可能。「猫のイラストを描きたいけど上手く描けない」「絵心がないので猫が描けない」という方でも楽しめる一冊となっています。

普段、猫の写真集や雑誌を読んだり、愛猫の写真を撮ったりして楽しんでいる猫好きな方は多いと思いますが、たまには猫のイラスト描いてみるのも面白いかもしれませんね。

■塗り絵 ナーゴの猫たち
定価:¥1,296(税込)
ページ:32ページ(塗り絵10種類)
サイズ:天地282×左右210mm
発売:2016年12月15日

出典:prtimes.jp

⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で
CATEGORY :
TAG :