今年の加湿器はネコ型!電源不要でエコなペーパー加湿器が発売

そろそろ夏も終わり秋が近づいてくる季節ですが、秋の訪れとともに気になるのが空気の乾燥です。

手肌の乾燥が気になる季節

乾燥が気になる方は加湿器を利用することも多いのではないかと思いますが、家電の加湿器の場合はコンセントを一口専有してしまい、電気代がかかり続けるといったデメリットがあります。また、加湿器のタイプによっては、本体価格が高い、高温の蒸気に注意が必要、フィルターの手入れや交換が必要、ファンが回る音がうるさい、といった点に不満を感じる方もいるでしょう。

家電の加湿器

そんな時に検討したいのが、「ペーパー加湿器」。

紙が水分を吸い上げて気化させることにより室内を加湿するため、電源が不要で水蒸気を出すことがありません。また、小型のものが多いので狭いスペースにも設置することでき、紙で出来ているため低価格で購入しやすいといったメリットがあります。

そんなペーパー加湿器で、猫をモチーフにした商品が登場しました。

<ネコ型のペーパー加湿器>猫をモチーフにしたペーパー加湿器

ご覧のとおり猫が水を飲んでいる姿形をしているので、水分を出す加湿器のはずなのに、まるでペットに水をあげているかのような感覚のする、洒落のきいた猫アイディアグッズです。

使い方はとっても簡単で、お気に入りのお皿に水を注いでネコ型の加湿器をセットするだけ。猫が水を飲むかのようにお皿の水を吸い取って、水分を蒸発させていきます。


2匹で水を飲んでもOKだにゃネコ型ペーパー加湿器を2個セットしたイメージ

三毛猫もおりますにゃ三毛猫のペーパー加湿器

よく見ると舌まで再現されてるのだにゃペーパー加湿器は猫の舌まで再現

自然気化式なので、電源のない部屋でも簡単に室内の乾燥を防ぐ効果があります。さりげないインテリアとしても機能しそうですね。
 

犬好きの人はプードルもあるワンプードルのペーパー加湿器

フルーツをかじるアライグマバージョンもアライグマのペーパー加湿器

ペーパー加湿器は通常版(写真上)とBabies版(写真下)があり、Babies版はサイズが小さい分、2個セットになっています。

ペーパー加湿器の全種類イメージ

今回ご紹介したペーパー加湿器は、広告デザインを手掛ける株式会社たき工房の若手デザイナーを中心に、紙を使ったデザインプロダクトを企画・制作している「TAKI PRODUCTS」というチームが開発したもの。

商品の販売は来週の9月19日(月)から、全国のニトリ店舗(一部取り扱いのない店舗あり)、ニトリの公式通販サイトで販売される予定となっています。

 

電気を使わない自然気化式ペーパー加湿器

・価格 :各1,290円(税込)
・生産国:日本

商品種類、サイズ、個数
■うるおい三毛猫×1個
(W313mm×D65mm×H138mm)

■うるおい黒猫×1個
(W313mm×D65mm×H138mm)

■うるおいプードル×1個
(W265mm×D65mm×H150mm)

■うるおいアライグマ×1個
(W300mm×D60mm×H164mm)

■うるおい三毛猫 Babies×2個
(W213mm×D55mm×H109mm)

■うるおい黒猫 Babies×2個
(W213mm×D55mm×H109mm)

■うるおいプードル Babies×2個
(W188mm×D55mm×H108mm)

■うるおいアライグマ Babies×2個
(W169mm×D55mm×H118mm)

オフィス内の自分のデスクまわりや、エアコンをつけた寝室でノドの乾燥が気になる時など、個人空間をまわりを気にせず加湿したい時に使えそうですね。猫好きな人へのプレゼントにも喜ばれそうです。

今年の冬はネコ型の加湿器でエコに潤ってみてはどうですかにゃ。

出典:https://www.atpress.ne.jp/news/109525

<関連記事>
猫が足湯でくつろぐ電源不要の加湿器「潤い足湯マスコット」

→その他の猫グッズ紹介記事

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で
CATEGORY :