ギネス記録まであと1cm!巨大猫のメインクーンがデカすぎる

※追記あり(2016年10月31日)

アメリカのニューヨーク州に住んでいる猫、メインクーンの「サムソン君(♂)」が巨大すぎると海外のメディアで話題になっています。

メインクーンの「サムソン君」

メインクーンという猫種は平均的なオス猫の体重が6.5kgくらい。しかし、このサムソン君は約12.7kgと倍近くの重さがあり、ニューヨーク市ではすでに一番大きな猫として認定されているのだとか。

巨大ネコとしてよく話題になるのは、「太っている猫」が取り上げられることが多いのですが、このサムソン君は均整の取れた体をしていて、太っているのではなく単に大柄なボディなのが珍しいところ。

猫とは思えぬこのボリューム感飼い主に覆い被さる巨大ネコのサムソン君

ぬいぐるみを抱っこしているかのようです猫のぬいぐるみを抱っこしているかのようにも見えます

ベッドに寝ると半分占領されてしまいますサムソン君が寝るとベッドの半分を占領します

しっぽのモフモフ感も半端ではありません体だけではなく尻尾も巨大な猫なのです

人間のベビーカーは少し手狭ですニャ人間のベビーカーにギリギリ載れる巨大ネコのサムソン君

あまりのデカさに取材も大きすぎる猫として自宅に取材も

テレビ番組にも出演済みです大きすぎる猫としてテレビ番組にも出演

このようにとっても大きなサムソン君ですが、実はメインクーンは猫の種類の中でも最大級と言われるほど大きな猫で、ソーシャルメディアなどでは飼い主さんによる写真がたくさん公開されています。

巨大な猫 メインクーンの写真1引用:petupon.com

巨大な猫 メインクーンの写真2引用:imgur.com

巨大な猫 メインクーンの写真3引用:instagram.com

巨大な猫 メインクーンの写真4引用:instagram.com

巨大な猫 メインクーンの写真5引用:static.boredpanda.com

どの猫ちゃんも、とっても大きいですよね。

しかし、その見た目の迫力とは裏原に、内面は温厚で優しい性格をしているのもメインクーンの魅力です。

また、同じく大型猫のノルウェージャンフォレストキャットに外見が似てるのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、メインクーンの顔は横から見ると「ジェントルカーブ」と呼ばれる、鼻に緩やかなカーブが見られるので、そこで見分けることができます。

さて、今回ご紹介したサムソン君の身長は1.22メートルもあるのですが、世界で一番長い猫としてギネス記録に認定されているのが、同じくメインクーンのStewie(スティーウィ)君という猫。

※スティーウィ君の本名はMymains Stewart Gilliganで、2013年1月に亡くなっています。

ギネス認定されている世界一長い猫、スティーウィ君引用:facebook.com

ギネス認定されている世界一長い猫、スティーウィ君と飼い主さん引用:stewiecat.com

見た感じでは先ほど紹介したメインクーンの方が大きいように見えますが、スティーウィ君は「しっぽが世界一長い猫」としてもギネス認定されており、他の猫と比べてしっぽの長さで身長を稼いでいるんですね。

そんな、スティーウィ君の身長は1.23メートルで、サムソン君との差はたったの1cm。

メインクーンは成猫になるまで2〜3年かかると言われていますが、サムソン君は現在4歳なので、これから劇的に体が大きくなることはないと思いますが、あと1cmくらいならもしかすると大きくなるかも知れません。

※追記:2016年10月31日
イギリスに住むメインクーンの「ルード」という猫が、現在生存する猫の中では最も長い猫としてギネス記録に認定されました。

わたしがルードです生存する猫の中で最長とギネス認定された、イギリスに住むメインクーンのルード引用:guinnessworldrecords.com

ルードは1.18メートルとサムソン君よりは短いのですが、サムソン君の方はギネスに申請していないのかもしれません。それにしてもメインクーンという猫種は本当に大柄な猫が多いですね。

次はどれくらい長い猫が現れるのか、楽しみに待ちたいと思います。

出典:instagram.comfacebook.com

<関連記事>
30歳の長寿猫がギネス記録!現役の最高齢を5歳更新