相撲部屋・荒汐部屋の猫「モルとムギ」の写真集が4社から発売

最近は「猫と力士」の意外な組み合わせ!?が注目を集めていて、10月〜11月の間、相撲部屋に住んでいる猫の写真集が4冊も発売される予定となっています。

モデルとなるのは、いずれも東京都の中央区にある相撲部屋「荒汐部屋(あらしおべや)」と、そこで暮らす「モル」と「ムギ」の2匹の猫。

荒汐部屋引用:pbs.twimg.com

荒汐部屋は2002年に、元小結の大豊(おおゆたか)が創設した比較的新しい相撲部屋ですが、WEBサイトやFacebook、Twitterなどのメディアを使い積極的に情報発信していることで知られ、弟子入りを希望する人の多くに影響を与えていることから、人材獲得に苦心している相撲業界ではスカウティングの成功事例として語られることも多いと言います。

2011年には所属力士の「蒼国来(そうこくらい)」が八百長に関与したとして日本相撲協会から解雇処分を受けますが、八百長に関与しておらず解雇は不当として協会を相手取り裁判を起こし、2年に渡る裁判の末に勝訴したことでも話題になりました。

そんな渦中でも荒汐部屋を影から支えたのがモルとムギ。中でもモルは力士たちの稽古を見守る「猫親方」として稽古場にも姿を現し、その姿を見に来るファンもいるのだそうです。

<モル>荒汐部屋の猫、モル引用:twitter.com

九州場所の時に福岡で拾われたという元ノラ猫。モルはモンゴル語で猫を意味する言葉で、蒼国来が名付け親。
 

<ムギ>荒汐部屋の猫、ムギ引用:twitter.com

荒汐部屋の近くに捨てられていた元捨て猫で、3Fにある力士たちの部屋から出てこないという恥ずかしがり屋なネコ。

そんな荒汐部屋と、そこで暮らすモルとムギの暮らしに密着した4つの写真集が発売されます。

 

相撲部屋の幸せな猫たち

大きくて優しい力士とモフモフ猫の写真集。モルとムギの幸せな日常を見ていると心が癒やされます。

発売日:2016年10月7日
出版社:リブレ
写真 :安藤青太

荒汐部屋のモルとムギ

猫だけでなく力士たちや部屋の情報も満載。英訳も掲載しているので、海外の人へのプレゼントにもオススメ。

猫の写真集、荒汐部屋のモルとムギ引用:arashio.net

発売日:2016年10月7日
出版社:リトルモア
写真 :ゆかい/池田晶紀/川瀬一絵/池ノ谷侑花

モルとムギ 相撲部屋の猫親方

「煉と虎徹」のカメラマン前田悟志さんが撮影した写真集。初回出荷分限定でポストカードが付いてきます。

発売日:2016年11月1日
出版社:河出書房新社
写真 :前田悟志

荒汐部屋のすもうねこ

2匹の猫と力士たちの日々の暮らしを収めた写真集。荒汐部屋の来歴や、力士とともに相撲道に励む物語を活写。

発売日:2016年11月12日
出版社:平凡社
写真 :安彦幸枝

普段なかなか見る機会のない相撲部屋の内部、そしてそこで暮らす力士や猫の日常を捉えた写真は、人気猫や芸能人が飼っている猫の写真集とは違った発見や癒やしを与えてくれるかもしれません。

気になった写真集があった方は、手にとってみてはいかがででしょうか。

⇒その他のネコ写真集
⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!