プロカメラマンも同行、猫寺・御誕生寺などを巡る撮影ツアーが開催

プロカメラマンのアドバイスを受けながら、猫寺・御誕生寺などを巡る旅行ツアーが10月に開催を予定しており、現在参加者の募集を行っています。

猫カレンダー撮影担当・尾崎修二カメラマンと行く 癒やしの猫を撮る!ツアー

10月26日から1泊2日で予定されているこのツアーは、福井県越前市にある「猫寺」として有名な御誕生寺(ごたんじょうじ)を訪れ、境内で気ままに過ごす猫たちを思う存分に撮影できるという、猫とカメラが好きな人には嬉しい企画です。

御誕生寺は、敷地内に約30匹ほどの猫が暮らしているお寺。

猫寺で暮らす猫の写真1(C) The Orangepage Inc.

もともとはダンボールに入って捨てられていた猫を修行僧の方が育て始めたところ、どんどん繁殖してしまい、一時は最大で80匹ほどまで猫が増えてしまったことも。また、お寺に猫が多くいることを聞きつけた人が、遠方から猫を捨てに来ることもあったのだとか。

その後は猫に避妊手術を行い、里親募集などを通じて多くの飼い主さんを見つけることができたため、現在の数まで落ち着くことに。今では休日にもなると猫を一目見ようと多くの人が訪れるようになり、猫好きな人や近隣の人々からは猫寺と呼ばれて親しまれています。

猫寺で暮らす猫の写真2(C) The Orangepage Inc.

本ツアーの初日ではそんな猫寺を訪れて、猫を存分に撮影できるほか、その猫たちにありったけの愛情を注いでいるというお寺の副住職・猪苗代昭順氏による講話も予定されています。

猫寺・御誕生寺のネコ

また、本ツアーでは猫寺以外にも、国宝の彦根城、藁葺き屋根の古い町並みが懐かしい板取宿(いたどりしゅく)、日本曹洞宗の大本山である永平寺などに立ち寄って撮影を楽しみます。

国宝・彦根城のイメージ写真国宝・彦根城

藁葺き屋根の板取宿のイメージ写真藁葺き屋根の板取宿

曹洞宗の寺院・永平寺曹洞宗の寺院・永平寺

このツアーに同行するプロカメラマンの講師は、産経新聞社から発売されている猫カレンダー「猫どころ2018」の撮影者で、同社の写真報道局編集委員を務める尾崎修二さん。

過去に夏季オリンピック3回、冬季オリンピック1回、サッカーワールドカップ2大会などの取材を行い、現在は報道カメラマンとして活躍。その一方で、ライフワークとして猫の写真撮影を行っている方です。

ツアー初日の夜には、尾崎編集委員が参加者の写真をチェックして撮影アドバイスを行う講評会も予定されているほか、2日目のお昼には行列が絶えない「谷口屋」の名物、竹田の油揚げ御膳を堪能。猫と写真だけでなく、グルメも楽しめる内容となっていますよ。

<予定スケジュール>
■1日目
米原駅(10:00)=彦根城=<高速>=板取宿=越前そばの里(昼食)=御誕生寺(撮影会と副住職による講話)=ホテル(夕食・撮影講評会/泊)

■2日目
ホテル=御誕生寺(猫の朝ご飯タイムなどを撮影)=ホテル(朝食)=<高速>=永平寺=谷口屋ビュッフェ・旬の心(昼食)=<高速>=米原駅(15:30頃)

 

猫カレンダー撮影担当・尾崎修二カメラマンと行く 癒やしの猫を撮る!

日程:2017年10月26日(木)~10月27日(金)
費用:39,800円(税込)
定員:先着30名(最少催行人員20名)

集合:10月26日9:50、JR米原駅北口
解散:10月27日15:30、JR米原駅(予定)
宿泊:ホテルルートイン鯖江(シングルルーム)
条件:食事4(朝1、昼2、夕1)、添乗員同行

問い合わせや申し込みはサンケイツアーズ社にて電話で受け付けています。
TEL:03-5283-8250
※平日9:30~17:30、土曜15:00まで

参考:スマホでもOK!猫写真家・沖昌之さんと行く台湾ネコ撮影ツアー
参考:猫寺の写真エッセイ「寺ねこDAYS ねこはなやまニャい」が発売
出典:prtimes.jp