埼玉の動物園でマヌルネコの赤ちゃんの一般公開が開始

埼玉県こども動物自然公園で6月13日(火)から、マヌルネコの赤ちゃんの一般公開が始まりました。

埼玉県こども動物自然公園のイメージ写真埼玉県こども動物自然公園

マヌルネコはイランから中央アジア、モンゴルなどの荒野に暮らす小型のヤマネコで、今から約519万年前にベンガルヤマネコの祖先から分岐したと推定される、古くから生息している動物です。本来は高地に生息しているため冬の寒さに備えて体毛が長く密集して生えており、ずんぐりとした体型に見えるほか、緩くカーブした小さな耳も特徴的で、その可愛らしい風貌から人気が高まっています。

しかし世界的にその飼育数は少なく、昨年9月時点ではアジア、北米、欧州で53施設58頭、日本国内では5施設11頭しか飼育されていませんでしたが、その中のひとつ、埼玉県こども動物自然公園で今年の4月20日にマヌルネコの赤ちゃんが誕生していました。

初めは巣箱の中を覗くことができないため何頭生まれたのか分からず、同園の方もドキドキした数日を過ごしたそうですが、5月5日に初めて巣箱内を確認することに成功。その時公開された写真には、5頭の赤ちゃんが寄り添い合っている微笑ましい姿が写っています。

5頭のマヌルネコの赤ちゃん by 埼玉県こども動物自然公園5頭の赤ちゃんが誕生

マヌルネコの母親「シャル」 by 埼玉県こども動物自然公園母親の「シャル」

マヌルネコの父親「レフ」 by 埼玉県こども動物自然公園父親の「レフ」

赤ちゃんたちは少しずつ巣箱の外にも顔を出すようになり、体重測定なども実施。

マヌルネコの母親シャルと赤ちゃん by 埼玉県こども動物自然公園母親シャルと赤ちゃん

生まれて間もないマヌルネコの赤ちゃん by 埼玉県こども動物自然公園ニャンとも可愛い表情

体重を測るマヌルネコの赤ちゃん by 埼玉県こども動物自然公園体重測定中ですにゃ

秤に乗る可愛いマヌルネコの赤ちゃん by 埼玉県こども動物自然公園ちょこんと乗ってる姿がキュート

雌雄判別と身体チェックをするマヌルネコの赤ちゃんこちらは雌雄判別と身体チェックの様子

その後もすくすくと成長して、ついに今週火曜日に一般公開されることとなりました。

5頭のマヌルネコの赤ちゃん少し大きくなった赤ちゃんたち

威嚇するマヌルネコの赤ちゃん威嚇もするニャーッ

初お披露目となった当日は13:00~16:00まで公開。子育てのストレスを考慮して、今後もしばらくの間はこの時間帯に公開が行われるようです。

ただし、赤ちゃんの様子や体調によっては時間が変更になる可能性があるほか、公開時間内であっても巣箱に入ってしまうと見ることができません。運良く顔を見せてくれることを期待したいですね。

埼玉県こども動物自然公園にいるマヌルネコ

近郊にお住まいの方はマヌルネコとその赤ちゃんに会いに行って見てはいかがでしょうか。

 

埼玉県こども動物自然公園

開園:9:30〜17:00
  :9:30〜16:30(11/15〜2/10)
  ※入園は閉園の1時間前まで
休園:月曜日(祝日は開園)、年末年始
  ※1月は火曜日も休園する場合あり
入場:大人510円、小人210円(小中学生)

<アクセス>

埼玉県東松山市岩殿554

<最寄り駅>
東武東上線高坂駅から鳩山ニュータウン行きバスに乗車、「こども動物自然公園」停留所で下車。
(大人:190円:所要時間約5分)

⇒その他の最新猫ニュース

  •  
  • 服部幸の愛猫とのハッピーライフプログラム(DVD)