熊本市動物愛護センター、入院時に被災者の犬猫を無償預かり

熊本市動物愛護センターは5月10日、熊本地震の避難中に入院治療が必要になった飼い主の犬や猫を一定期間の間、無償で預かるサービスを始めたと発表しました。

熊本市動物愛護センター、入院時に被災者の犬猫を無償預かり引用:doubutsuaigo.hinokuni-net.jp

同センターによると、熊本地震では避難者がペットを連れて避難所に入ることをためらい、車中泊を続けるケースが多発しています。中には体調を崩しても我慢してしまい、緊急入院するケースも報告されていることから、このたび環境省の支援を得て入院が必要な被災者のペット預かりサービスを開始しました。

預かり場所は県内の飼育施設やペットホテルで、犬の訓練士や愛玩動物飼養管理士の資格を持つ人などによって世話が行われます。

これにより、入院治療が必要になった被災者はペットを手放すことなく、安心して治療に専念することができるようになるとしています。

■預かりの対象
緊急性を伴う入院や手術などの事情を抱える避難者(飼い主)の犬または猫

■問い合わせ先
・平日 8:30~17:15
熊本市動物愛護センター
TEL:096-380-2153

・夜間、休日
環境省派遣職員
TEL:090-5920-8718

参考:熊本地震におけるペット(猫・犬)への支援情報まとめ