鹿児島の平川動物公園で「ニャイス」な話しが聞ける催しが開催

鹿児島県にある平川動物公園で2月25日(土)、猫の日にちなんで、「ネコ好き集まれ!!動物園スタッフが紹介するニャイスなお話 ~ホワイトタイガーから飼いネコ、そしてノネコまで~」という催しが開催されます。

平川動物公園鹿児島市にある平川動物公園引用: wikimedia.org (c) Sakoppi

同園は鹿児島湾(別名:錦江湾)を望む丘陵に位置する動物園で、自然豊かな環境のなかにある敷地には約140種、1,000頭もの動物たちが暮らしています。

正面のメインゲートをくぐると桜島と錦江湾の大パノラマをバックにアフリカ園の眺望が広がっており、キリンやシマウマ、サイ、ダチョウなどの動物たちの群れが目に飛び込んでくる光景は圧巻。また、動物園としては大変珍しく園内に足湯が設けられており、足の疲れを癒やしながら動物たちや桜島を眺めることができるという、贅沢な時間を味わうことができます。

そんな平川動物公園では2月25日、動物園で会えるネコ科動物のホワイトタイガー、身近な飼いネコ、そして全国各地で問題になっているノラネコ・ノネコ問題について、動物園の飼育員や獣医師などの方々が解説してくれる催しが開催されます。

最初は、同園で猛獣を担当している飼育技師の方から「動物園のネコの世界」についてのお話しから始まり、続いてインドゾウやアマミノクロウサギの担当者から「ノラネコとノネコの話」が、そして最後は「ネコの幸せな一生のために」をテーマに獣医師の方からお話しがあります。

アマミノクロウサギといえば絶滅危惧種で国の特別天然記念物にも指定されている、鹿児島県の奄美大島と徳之島にしか生息していないウサギとして知られていますが、今月元には、野良猫に捕食する様子を撮影したニュースが報道されて話題になったばかり。

アマミノクロウサギアマミノクロウサギの写真引用: amami-wcc.net (c)環境省 奄美野生生物保護センター

一方、平川動物公園は過去に初めてアマミノクロウサギの飼育下繁殖に成功したことのある動物園で、その後飼育は途絶えてしまいましたが、現在では交通事故にあったアマミノクロウサギを保護・収容して治療を行い、野生に返す取り組みなどを行っています。

「ニャイス」なお話し会では、アマミノクロウサギという鹿児島ならではの希少な動物が生きていく環境を守るために、一般の人々がどのようなことに関心を持ったら良いのか、示唆に富んだお話を聞くことができそうですね。

そのほかにも、猫に関するクイズや、ネコ耳カチューシャ作りのワークショップなど、猫好きな人が楽しめそうなイベントが予定されています。

■クイズにゃりー
園内をまわりながら猫に関するクイズにチャレンジ。参加賞としてオリジナルポストカードまたは猫バッジがプレゼントされます。

期間:2017年2月11日(土祝)〜2月25日(土)
場所:ライオン舎前(クイズ用紙配布)
  :どうぶつ学習館(答え合わせ)

■ネコ耳カチューシャ作り
トラの耳を観察しながらカチューシャを作りを体験できます。飼育員や獣医師の方による「ニャイスなお話」は、この後に行なわれますので、完成したカチューシャをつけて聞きに行くのも良さそうですね。

日程:2017年2月25日(土)
時間:11:00〜 / 13:00〜
場所:トラ舎前
定員:先着100名
費用:無料

 

平川動物公園 ネコの日特別企画

ネコ好き集まれ!!動物園スタッフが紹介するニャイスなお話
~ホワイトタイガーから飼いネコ、そしてノネコまで~

日時:2017年2月25日(土)13:30〜15:00
場所:平川動物公園 どうぶつ学習館

<スケジュール>

■13:30〜
「飼育員は見た!動物園のネコの世界」
飼育技師 古庄晃(猛獣担当)

■14:00〜
「かわいい?じゃまもの?ノラネコとノネコの話」
主任 落合晋作(インドゾウ、アマミノクロウサギ担当)

■14:30〜
「ニャンダフルライフ~ネコの幸せな一生のために~」
獣医師 伊藤ななお

<アクセス>

鹿児島県鹿児島市平川町5669-1

<関連記事>
埼玉の動物園、ロシアの動物園から来たマヌルネコを一般公開
ヒョウのような美しい猫「オセロット」の巣が20年ぶりに発見

⇒その他の猫イベント紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

  •  
  • 服部幸の愛猫とのハッピーライフプログラム(DVD)