書籍「猫がよろこぶ手作りグッズ」、身近な物で作れる50選

猫の首輪やベッド・オモチャなどの猫グッズを、身近にある物で作る方法を紹介した書籍、「猫がよろこぶ手作りグッズ」が発売されました。

書籍「猫がよろこぶ手作りグッズ」(著者:西イズミ/撮影:五十嵐健太/WAVE出版)引用:twitter.com

猫を飼っている人にとって猫と触れ合う時間はもちろん、猫が使うアイテムを選ぶのも楽しみのひとつですよね。

可愛い猫ハウスや新作のオモチャなど、愛猫が使っている姿を想像しているとニヤニヤしてしまい、気がづいたら商品を持ってレジに並んだり、カートに追加してしまったという経験がある飼い主さんも多いのでは。

しかし、そんな飼い主さんの期待をサクッと裏切ってくるのが猫というもの。クンクンとニオイだけ嗅いでプイッとされる経験など、猫を飼っていれば日常茶飯事ですよね。そして購入したアイテムが高額であればあるほど、飼い主さんの心のダメージは深くなってしまいます。

そのような方に向いているかもしれないのが、「身近にあるもので猫グッズを作ってしまおう」というコンセプトの元に書かれた本書。

身近にある材料や100円ショップで売られている物を使って作ったり、市販のクッションを使ったアレンジなど、気軽に作ることができるアイテムが50個も掲載されています。素材などに関して愛猫の好みが分かっている場合は、本書を参考に愛猫好みにアレンジできてしまうのも、手作りグッズならではの魅力です。

書籍「猫がよろこぶ手作りグッズ」の掲載写真1引用:twitter.com

愛猫の反応を見ながら、作ったアイテムにアレンジを加えていくこともできそうですね。

<掲載内容>
1.身につけるもの(首輪、迷子札など)
2.寝る(ベッド、テントなど)
3.遊ぶ(キャットタワー、猫じゃらしなど)
4.ご飯と身だしなみ(ご飯台、爪とぎなど)
5.移動とケア(猫バッグ、エリザベスカラーなど)
How to Make(作り方)

本書を執筆したのは、手芸作家で自身も2匹の猫と暮らしているという西イズミさん。これまでにも猫グッズに関する著書があり、その作品は「ねこのきもち」や「ねこびより」などの雑誌にも掲載されているほか、展示活動なども行っています。

また、本書で紹介しているアイテムを実際に猫が使っているシーンを撮影したのは、「飛び猫」や「フクとマリモ」などの写真集でお馴染み、カメラマンの五十嵐健太さん。保護猫カフェで撮影を行っているため、登場する猫たちはすべて保護猫なのだとか。

書籍「猫がよろこぶ手作りグッズ」の掲載写真2引用:twitter.com

手作り猫グッズのアイディアに加えて、表情豊かな色んな猫たちの写真も楽しめる一冊となっています。

 

猫がよろこぶ手作りグッズ

発売日:2016月10月20日
出版社:WAVE出版
頁数 :128ページ

⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

TAG :