ねこのきもち×ダイワハウスのコラボ住宅「ねこと暮らす家」が分譲中

猫の飼い主さん向けの建売住宅「ねこと暮らす家」の一般公開が本日から始まりました。

ねこのきもち×ダイワハウスのコラボ住宅「ねこと暮らす家」

これは住宅総合メーカーの大和ハウスが全国のまちなかで最新の住まいを提案する、「まちなかジーヴォ」と呼ばれるプロジェクトの一環で、猫飼いのエッセイスト・石黒由紀子さんをアドバイザーにむかえ、猫の情報誌ねこのきもちの協力のもと誕生したオープンハウスです。

エッセイスト・石黒由紀子さん石黒由紀子さん

「ねこと暮らす家」との名のとおり、屋内には猫を飼うための工夫が随所に凝らされていますので、本記事では主な特徴などをご紹介してみたいと思います。

ねこと暮らす家の間取り図間取りはこんな感じですにゃ

 

キャットウォークや爪とぎ柱を設置

室内飼いを想定して作られているこの家は、猫の運動不足や肥満の防止、ストレスが解消できるよう、室内スペースを立体的に使ってたくさん運動ができるよう工夫して設計されています。

1Fのリビングの壁面にはキャットステップが、吹き抜け空間にはキャットウォークが設置されており、猫が高いところから見下ろしたり、しっかりと上下運動ができるようになっていて、室内でも飽きさせないようになっています。

キャットステップ、キャットウォーク、爪とぎ柱付きの住宅

壁紙や家具で爪とぎされるのを軽減するため、リビングには麻縄を巻き付けた爪とぎ柱が設置されています。これはなかなか見かけない設備ですね。

そのほか、日当たりの良いリビング南側には窓台を設けて日光浴ができるようになっているほか、網戸には猫が爪で引っかいても破れにくいステンレス製の素材を使用しているので、猫が脱走してしまうリスクにも配慮されています。

 

猫を特定の場所へ入らせない工夫

猫が水を張った浴室や洗濯機で溺れたりコンロの熱で火傷したりするのを防ぐため、洗面室やキッチンに入れないよう可動式の間仕切り、ライトスルースクリーンが備え付けられています。半透明なので向こう側の様子がうっすら分かるのが良いですね。

ライトスルースクリーン、キャットドア、水飲みスペース付きの住宅

また、普段は猫が各部屋を自由に行き来できるようにしたいけれど、寝る時は寝室に入れたくないという場合に便利な、ロック機能が付いたキャットドアが設置されています。いつでも新鮮な水を飲めるよう、リビングに水飲みスペースが設けられているのも嬉しいですね。

 

清掃などの飼い主負担を軽減する

さらに猫専用のシャンプー台まで設置。その床部分には防水・撥水処理が施されているので、長毛猫を飼っていてよくシャンプーする方などには便利な設備が備え付けられています。また、猫用のトイレスペースも設けられており、床部分がタイル貼りになっているので、掃除のお手入れがしやすいような設計になっています。

玄関の壁面の一部には、ニオイや湿気を吸収する室内用壁材タイルが使われているので、脱臭対策にも配慮されていますよ。

ねこと暮らす家の外観物件の外観

ここまで主な特徴をご紹介してきましたが、本物件はオープンハウスとなっているので、興味のある方は実際に見学に行ってみると良いでしょう。

場所は、近年急速に区画整理が進んでいる自然豊かな街、千葉県・流山おおたかの森。

流山おおたかの森 駅前Photo GFDL, Link

つくばエクスプレス「流山おおたかの森」駅、東武鉄道野田線「流山おおたかの森」駅からいずれも徒歩14分の立地にあります。

ねこと暮らす家の現地案内図

さて、今回ご紹介した「猫と暮らすまちなかジーヴォ」ですが、大和ハウスの公式サイトでは販売価格がすでに公開されており、5,750万円(税込)となっています。

間取り :3LDK
延床面積:117.95㎡(35.67坪)
敷地面積:176.66㎡(53.43坪)

マイホーム探しやリフォームを検討している猫飼いさんにとっては、参考になることがあるかもしれません。興味がある方は見学に行ってみてはいかがでしょうか。

出典:prtimes.jp

⇒その他の最新猫ニュース