猫の飼い方がわかるマンガ図鑑「ねこがおうちにやってきた!」

猫の飼い方をマンガで学べる図鑑「ねこがおうちにやってきた!」が8月23日(水)に出版されました。

図鑑「ねこがおうちにやってきた!」の表紙

本書は猫を飼いたいと思っている子供向けに書かれた書籍で、猫との出会い方、お世話の仕方やコミュニケーションの方法など、猫と仲良く暮らす方法をマンガと写真を使って約140ページにわたり分かりやすく解説。可愛い猫の写真をふんだんに使っているほか、子ねこのポスターや楽しい猫のすごろくなどが付いており、子どもたちが楽しく「猫を飼うこと」への理解を深められる図鑑です。

子供の頃、猫に限らずペットを飼いたい!と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際に飼うとなったら事前にどんな準備が必要なのか、迎え入れた後にはどんなお世話をしなければならないのか、どんな責任が伴うのか、子供の頃にはいまいちピンときませんでしたよね。かと言って大人向けに書かれた猫の飼育本を読んでみても、その内容を理解するのは容易ではありません。

本書ではそんな子どもたちが、猫との暮らしをマンガを通じてリアルに疑似体験できるのが大きな特徴。初めてわが家に迎え入れた時、仲よくなれた時など、猫との幸せな時間を味わえるだけでなく、お世話の分担の仕方や命をあずかる責任など、子どもたちに伝えたい大切なテーマも含まれています。

マンガだから子供にも分かりやすいニャ

猫の体のヒミツや習性などを解説したページでは、かわいい猫の写真がたくさん掲載されているのでついつい読み進めてしまいます。

猫の写真もたっぷり収録している図鑑「ねこがおうちにやってきた!」かわいい猫の写真が盛り沢山

巻頭の折込ポスターにはスコティッシュフォールドブリティッシュショートヘアなど、可愛い子ねこの実物大ポスターも収録されています。

図鑑「ねこがおうちにやってきた!」の巻頭の折込ポスター

また、「ねこの1日すごろく」では朝起きてからの猫の行動が描かれていて、ご飯、爪とぎ、猛ダッシュ、お昼寝、お部屋のパトロール、おトイレなど、猫の1日の過ごし方を遊びながら学ぶことができるようになっています。猫を飼ったらこんな風に猫が過ごすんだというのがイメージしやすいですね。

猫の1日が分かる双六(すごろく)猫の1日がイメージしやすいニャ

本書の著者は、猫にまつわる雑学を中心に紹介するブログ「NEKOPEDIA(ネコペディア)」の執筆者で、猫専門病院・トーキョーキャットスペシャリストの院長を務める獣医師の山本宗伸さん。猫専門医としての知識に基づいて書かれた書籍となっています。

猫を飼ってみたい・・と思っている子はもちろん、既にお家で猫を飼っている子供が読んでも役立つ内容になっていますので、猫が好きなお子さんと一緒に読んでみてはいかがでしょうか。

出典:prtimes.jp

TAG :