岩合光昭さんの新作フォトエッセイ「世界のねこみち」

動物写真家・岩合光昭さんの猫フォトエッセイ「世界のねこみち」が本日4月20日(木)に発売されました。

岩合光昭さんのフォトエッセイ「世界のねこみち」表紙

これは、2015年に出版された「日本のねこみち」の世界バージョン。

「日本のねこみち」は週刊朝日の人気連載、岩合光昭「猫の細道」を書籍化したもので、岩合さんが日本全国をまわって撮影した猫旅に密着し、秘蔵写真やコラム、猫の撮り方などを収録した岩合ファンにはたまらない一冊。

本日発売された「世界のねこみち」では、ヨーロッパやアフリカ、アメリカ、オセアニア、アジアなど、世界5大陸を股にかけ、自由気ままに猫を探す旅に出かける岩合さんのカメラが捉えた美しい世界感が広がっています。

岩合光昭さんの新作フォトエッセイ「世界のねこみち」

では、どんな猫ちゃんが登場するのか、少しだけご紹介。

イタリア・アルベルベッロの「とんがり帽子」を背景にあっかんべーをするいたずらっ子、トルコの湖で見事な泳ぎを披露するオッドアイ、モロッコの「青の迷宮」で挨拶を交わすオスたち、ガラパゴスでイグアナとの対決、インドネシアのカリマンタンでオランウータンと共存するなど、世界の絶景と共にさまざまな猫たちが登場します。

イタリア・アルベルベッロの「とんがり帽子」を背景にあっかんべーをするネコ

岩合光昭さんの新作フォトエッセイ「世界のねこみち」に登場するスペインのネコ

また、今作も岩合さんの猫撮影に密着して、撮り下ろしルポを収録。

猫好きな読者の皆さんは、テレビや写真集、写真展などで岩合さんが撮影したネコ写真を見たことがある方が多いのではないかと思いますが、岩合さんがネコを撮影する時、どのようなスケジュールで1日行動しているのか?、という事については意外と知る機会が少ないですよね。

岩合光昭さんの猫撮影に密着した撮り下ろしルポ

本書では岩合さんが朝何時に起きて、撮影場所に向かい、何時頃にネコと遭遇したのかなど、実際の撮影に基づいたスケジュールが収録されていますので、今後、岩合さんのネコ写真を鑑賞する際には、撮影の裏側を想像しながら楽しむことができそうです。

 

発売記念トーク&サイン会

また、本書の発刊を記念して、岩合光昭さんのトーク&サイン会が開催されます。

日時:2017年5月17日(水)19:00~
会場:八重洲ブックセンター本店
定員:先着100名(トーク)
  :先着160名(サイン会)

<会場アクセス>

東京都中央区八重洲2-5-1

トークは先着100名、サイン会は先着160名のみ参加することができ、八重洲ブックセンター本店で「世界のねこみち」を購入した人を対象に、1Fカウンターにて先着で参加券が配布されます。

また、電話(03-3281-8201)による申し込みも受け付けているようですので、気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

出典:prtimes.jp

⇒その他の岩合光昭さん関連記事
⇒その他のネコ写真集
⇒その他の最新猫ニュース

  •  
  • 服部幸の愛猫とのハッピーライフプログラム(DVD)