猫好きなら見ておくべき、猫のスローモーション動画10選

猫の動きはとても素早いので人間の目には一瞬ですが、その動きをスローモーションで見ると、こんな動きをしていたのかと感動すら覚えることがあります。

最近では、ハイスピードカメラ(スーパースローカメラ)と呼ばれる、1秒間あたりの描写を非常に細かく撮影できるカメラが販売されているほか、スマートフォンでもスローモーションの動画を撮影できるようになりましたので、世界中の愛猫家がこぞってスローモーション動画を公開しています。

そこで今回は、Cat Pressが厳選したおすすめのスローモーション猫動画をご紹介したいと思います。

 

動画1. ハイジャンプする猫(超スローモーション)


猫にオヤツを見せてから塀の上に置き、それを追い求めてジャンプする瞬間を撮影した動画。男性の身長からすると、塀の高さは170〜180cmくらいあろうかと思われますが、この高さをジャンプして登れるとは、改めて猫の身体能力の高さに驚かされます。壁を垂直に走っているようにも見えますね。

 

動画2. 着地する猫(超スローモーション)


今度は逆に、木の上から地面に着地するところを撮影した動画。まっすぐ伸ばした前足を着地の瞬間、クッション代わりに折り曲げていきます。腕まわりの毛のなびき方を見ると、かなりの衝撃を吸収しているのが分かりますね。キャットタワーから降りるたびに、こんな身のこなしをしていたとは侮っていました。

 

動画3. スローモーションに見える猫


窓の向こう側にいる猫が何かを発見した模様。ゆっくりと態勢を整えて音を立てずに忍び寄っていく姿は、スローモーションで撮影した動画ではなく、スローモーションのように見えてしまうほどゆっくり歩いているのです。猫足と呼ばれるこの歩き方、足を一本ずつしか動かさないのがコツなのだそうです。

 

動画4. 玩具で遊ぶアクロバティック猫


こちらは新しく購入したカメラのテスト映像?らしき動画ですが、庭でおもちゃを使って遊んでもらう瞬間をスローモーションで撮影しています。体が空中に舞っているにもかかわらず、態勢を変えることができるんですね。見くびっていました。

 

動画5. 水を飲む猫


猫の舌にはザラザラした突起があり、そこに水をを引っ掛けることで水を飲んでいると言われますが、スローモーションで見るとこのような感じ。確かに動作としては舌を水につけて戻すを繰り返しているだけに見えます。人間が真似をしても水を飲んだ気にはなれそうにありません。さすが猫。

 

動画6. 頭をブルブル振る猫


猫はときどき頭をブルブルッと振りますよね。これは水が入った時など耳の中の異物を取り除こうとする時に見られる動作ですが、1秒間に9回ほどの早さで頭を振っていると言われています。そのブルブルをスローモーションで見てみると・・・なるほど、こんな表情をしていたんですね。

 

動画7. 猫のさまざまな日常


こちらは猫が歩いたり、走り回ったり、飼い主さんに遊んでもらっている日常をスローモーションで撮影した動画。何気ない猫の仕草までスローモーションで見ることができるので、こういった動画も見ていて楽しいですね。

 

動画8. 残念な飛び猫


海外では有名なジャンプする猫の動画(スローモーション版)。車の上から向かいの屋根に飛び移ろうとするのですが、車の上には雪が積もっていて滑りそうな感じがします。こんな時、人間であれば躊躇してしまうのですが、そこを突き進むのが猫。このあたりの行動力(?)が愛猫家の母性本能をくすぐってしまうのでしょうか。

 

動画9. 犬と猫のじゃれあい


エキゾチックらしき猫とワンちゃんが登場。猫の方からちょっかいを出すと、それに応戦するワンちゃん。お互い攻撃をしているようにも見えますが、ほとんど相手に当たっておらず、じゃれあいというか、茶番と化しています。とっても仲良しなんですね。

 

動画10. 犬にブチ切れる猫


一方、その対極にあるのがこちらの動画。窓から外を眺めている三毛猫さんを、ワンちゃんが後ろから鼻でちょこんと触ると、猫の方は完全ブチ切れモード。猫パンチを12連発繰り出した後にシャーッと威嚇し、間髪をいれずにワンツーパンチの3連打。猫パンチの数を正確にカウントできるのもスローモーションの良いところですね。しかし、いくら猫派の皆さんでも、さすがにワンちゃんに同情してしまったのではないでしょうか。

 

おまけ動画. ジャンプする虎


猫好きは猫だけでなくネコ科の動物にも親しみを抱く人が多いはず。と言うことで、虎のスローモーション動画もおまけでご紹介。この体の大きさでジャンプするとは驚きです。さすがネコ科の動物。虎を眼下に見かけるようなことがあった時は、決して近づかないようにしましょう。