猫島「相島」で撮影したエド・シーランのミュージックビデオが公開

日本の猫島のひとつとして数えられる、福岡県の玄界灘に浮かぶ相島(あいのしま)。

遠目から見た福岡県の猫島「相島」遠目に見えるのが相島

この島を舞台にイギリスの人気ミュージシャン「エド・シーラン」のミュージックビデオを作成し、公開するというユニークな試みが行われました。

2011年にデビューしたエド・シーランは、毎年イギリスで開催されている音楽の祭典「ブリット・アワード(Brit Awards)2012」でいきなり男性ソロ部門と新人賞の2冠を達成、2014年に発表した2枚目のアルバムはイギリスとアメリカのアルバムチャートで初登場1位を獲得し、2016年のグラミー賞では最優秀楽曲賞を受賞するなどデビューから活躍を続けている一方、2014年の来日時には猫カフェを訪れたり、Instagramにたびたび猫が登場するなど、猫好きなミュージシャンとしても知られています。

また、相島は昨年、NHK総合の動物番組「ダーウィンが来た!」で半年間かけて島の猫に密着した特集が放送され、動物写真家の岩合光昭さんも猫を撮りに訪れるなど、日本の猫好きな人々には有名な猫島となっていますが、海外でもアメリカのメディアCNNで「世界6大猫スポット」の1つに選ばれるなど、日本以外からの注目も高まっています。

猫島「相島」で暮らす猫たちのイメージ写真相島の猫たち

そんな猫島でなぜミュージックビデオを制作することになったのか。

実は相島が属する福岡県新宮町の職員の方がもともとエド・シーランのファンで、「日本の猫カフェに行ったこともあるほど猫好きのエド・シーランを、この猫島とも呼ばれる相島に呼んだらきっと喜んでくれるに違いない!世界に向けて相島をPRするチャンスにもなるはず!」との思いから企画に発展したのだとか。

猫島で撮影したエド・シーランのミュージックビデオ

ビデオ撮影は島全体を使い数日間かけて実施。夏の暑い時期ということもあり早朝5時前から行われ、車や自転車などを駆使して撮影された映像には、島民とともに生活している約150匹の猫たちの姿が美しく雄大な自然と共に捉えられています。

猫島・相島で撮影したエド・シーランのミュージックビデオ

またビデオの終盤には、町からエド・シーランに向けての英版版メッセージが字幕で表示されており、本人から何らかの反応があることを期待した作りになっているのだとか。

<福岡県新宮町相島からのメッセージ>

「拝啓 エド・シーラン様
日本には猫島というものがあるのをご存知でしょうか?
相島。アイルランドとは比べ物にならないくらい、小さな小さな島。
猫たちは、
気高く、 
悠々自適に、 時には喧嘩し、
そして、愛し合って。
美しい海や山に囲まれて、生きています。

私たちの島まで遊びに来てください。
150匹を超える猫が、あなたを待っていますよ。

ちなみに、相島の猫も昼寝が大好きです。
ぜひ猫が元気な朝方や夕方に訪れることをお勧めします。

CAT HEAVEN ISLAND
AINOSHIMA」

この相島のPRも兼ねたエド・シーランの楽曲「シェイプ・オブ・ユー」のミュージックビデオ(相島バージョン)は、昨日8月31日からYouTubeにて公開されています。

猫島で暮らすさまざまな猫たちの日常の風景が、軽快な楽曲にあわせてゆったりとスローモーションで流れていくユニークな映像になっていますので、猫好きな人は眺めてみてはいかがでしょうか。