ニャンダフル!浮世絵ねこの世界展、石川県七尾美術館で開催

石川県の七尾美術館で8月5日(金)、江戸や明治に活躍した浮世絵師たちが手掛けた「描の浮世絵」を、約200点集めた展覧会が始まりました。

石川県 七尾美術館七尾美術館 引用:neokogyo.jp

「ニャンダフル! 浮世絵ねこの世界展」と称したこの展覧会。

浮世絵師の中でも特に無類の猫好きであったと言われる歌川国芳から、「名所江戸百景」の哀愁に満ちた猫を描いた歌川広重、美人と共に猫を登場させた歌川国貞、歌川豊国、渓斎英泉など、江戸や明治に活躍した浮世絵師たちが手掛けた、描の浮世絵200点が7つのテーマに分けて展示されます。

浮世絵ねこの世界展 展示作品1

当時は名だたる絵師が「美人と猫」をテーマに描いていましたが、「美人が主役で猫は準主役」という構図で描かれていました。その猫を主役として描き始めたのが歌川国芳。

いつも子猫を2~3匹懐に入れて生態を観察していたという国芳の絵からは、当人と猫との暮らしぶりはもちろん、猫が当時も多くの人々から愛されていたことが伺えます。

浮世絵ねこの世界展 展示作品2

 

猫イベント

展覧会の会期中には、猫に関するさまざまなイベントが開催されます。

■夏のニャンコ物語
いろんな猫たちが登場する紙芝居や絵本を読んでくれるニャン。
日時:8月14日(日) 14:00~14:45
講師:ひらけゴマお話し箱
会場:アートホール
備考:入場無料

■誰だってニャンコ
22日(にゃんにゃん)の日に、猫に関する物を身に着けてきた人はオリジナルコースターをプレゼント。
日時:8月22日(月)、9月22日(木・祝)
備考:身に付けるのは鑑賞の妨げにならない程度のもの

■ニャンコぬりえ
1人2枚まで楽しめる猫の塗り絵コーナー。色を塗ってオリジナルのニャンコに仕上げてみましょう。
日時:会期中随時
備考:展覧会の観覧券が必要。満席の場合は待ち時間が発生する可能性あり。

■癒しのねこ広場
一緒に暮らしている猫の写真を持ってくると、「癒しのねこ広場」に展示してもらうことができます。
日時:会期中随時
備考:展覧会の観覧券が必要。写真の大きさはハガキサイズまで&展示後の返却はなし。

■顔出し撮影コーニャー
誰でも顔出しパネルで記念撮影ができるコーナーが登場。楽しい写真を撮ってみましょう。
日時:会期中随時
備考:展覧会の観覧券が必要

館内では本展限定のオリジナルグッズがたくさん販売されるほか、2Fにあるティールームで本展限定のメニューを注文すると、猫のオリジナルコースターがもらえる特典も用意されています。

 

ニャンダフル!浮世絵ねこの世界展

会期:2016年8月5日(金)~9月25日(日)
開館:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館:9月5日(月)、12日(月)、20日(火)
料金:800円、大高生350円、中学生以下無料
※20名以上の団体割引あり

■アクセス

石川県七尾市小丸山台1-1

出典:nanao-art-museum.jp

<関連記事>
猫と浮世絵から楽しく学ぶ、国芳一門の猫絵図鑑 おもちゃ絵

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!