東京ドームシティのアート空間に酒場の看板猫たちが登場するニャ

東京ドームシティにある大人のための遊べるギャラリー、Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)で行われている映像演出イベントに、8月8日から酒場で働く看板猫たちが出現します。

東京ドームシティのイメージ写真東京ドームシティ

同ギャラリーでは現在、「TOKYO ART CITY by NAKED」と称するプロジェクションマッピングなどを駆使した映像演出イベントを開催中。

新宿の高層ビル群や渋谷のスクランブル交差点、秋葉原の雑踏やお台場のレインボーブリッジ、それらの街を駆け巡る首都高に、幾重にも重なり合う地下鉄など、「TOKYO」をテーマに、東京を象徴する8スポットを巨大模型をはじめとする約250もの模型でコラージュ。

さらに約100台のプロジェクターを駆使したプロジェクションマッピングなど、最新テクノロジーによる光と映像の演出で多彩に表現されており、会場全体が光に散りばめられたひとつのアート空間として、360゜ダイナミックに迫る体験を味わうことができます。

とても近未来的な感じのするアート空間となっていますが、来週の火曜日からは、ニャンとこの中に実在する猫をアート化して出現させる企画が予定されています。

これは8月8日の世界ネコの日を記念して行われる企画で、「都市の中で生きる猫」に着目。東京のあらゆるランドマークやそこに生きる多様な人の営みが集積して形成される「都市」をテーマにした空間に、自由に生きる猫の営みを東京の一部として表現しようという試みです。

しかも登場するのは実在する猫ということで、一体どんな猫たちなのか気になるところですが、実は昨年出版された酒場にいる猫の写真集「おもてにゃし 酒場の癒やしにゃんこたち」に登場する猫たちなのです。

写真集「おもてにゃし 酒場の癒やしにゃんこたち」

酒場という空間の中で、猫だけが許される自由すぎる接客スタイル、それが「おもてにゃし」。個性豊かなアイドル猫や、猫らしさ全開のダメダメ接客風景などが収録されている本書から、酒場の看板猫ちゃんたちが登場しますよ。

渋谷・つか田の看板猫「チビ太」チビ太(居酒屋 つか田/渋谷区)

JAZZ喫茶 映画館の看板猫「虎太郎」虎太郎(JAZZ喫茶 映画館/文京区) 

文京区のバーLa Cujiの看板猫「ニャン太郎」ニャン太郎(バー La Cuji/文京区)

今回ご紹介した猫たちは8月8日以降、アート空間内の渋谷・東京ドームシティエリアにレアコンテンツとして登場するそうですので、迫りくる東京の映像を楽しみながら猫ちゃんを探してみてはいかがでしょうか。

 

TOKYO ART CITY by NAKED

期間:2017年6月16日(金)〜9月3日(日)
時間:10:00~20:00
  ※入場は閉館の30分前まで
休み:会期中無休
料金:大人1,600円、中高大学生1,400円
  :小学生900円、未就学児無料 (単独入場不可)

会場:東京ドームシティ「ギャラリー アーモ」

東京都文京区後楽1-3-61
東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い

出典:prtimes.jp