災害時の犬猫との避難を考える展示会、巡回展を開催中

いぬと、ねこと、わたしの防災、「いっしょに逃げてもいいのかな?展」が巡回展を開催しています。

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」 展示イメージ3

この展示会は災害時にペットを守るため、同行避難をした時に「ペット」「飼い主」「周囲の人」との間で、どのような問題が起こるのかをリアルに想定することで、いざ災害に遭った場合にどのような行動を取ればよいのか、普段からどのような備えができるのか、来場者と共に考えることを目的とした展示会です。

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」 展示イメージ2

災害時における避難の形は住んでいる地域によって異なり、災害への備えも飼育スタイル、家族構成、住環境、ライフスタイルなどによって千差万別です。

本展では、災害が発生してからペットと飼い主に起こり得ることを時系列で解説し、ペットを「飼っている人」と「飼っていない人」双方の意見や専門家の見解などを幅広く紹介するほか、同行避難に必要なモノ、普段からのコミュニティとの関わり方、自主的な話し合い、自ら解決策を見つけようとする気持ちの大切さなどについて考える企画が展示されています。

<展示内容例>
・災害発生~避難まで
・避難所生活空間4つのケース
・同行避難への意識調査
・みんなの意見
・いっしょに逃げる備え

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」 展示イメージ1

この展示会は今年の4〜5月に初めて開催され、約8,000名を超える人々が来場。その後は「巡回展」として7月に新宿伊勢丹、8月にはクレド岡山、9月には渋谷代々木公園で開催されてきました。

 

今後の開催スケジュール

~いぬと、ねこと、わたしの防災~
「いっしょに逃げてもいいのかな?展」巡回展

■2016年10月23日(日)
NPO法人アナイス 15周年イベント

■2016年11月6日(日)
世田谷動物フェスティバル
場所:砧公園ねむの木広場

 

ペットとの防災 基本BOOK

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」の展示内容をもとに、災害の被害に遭ってしまった時に必要な、モノ・コト・キモチを考えるための防災基本BOOKが、本日9月4日に発刊されました。

ペットとの防災 基本BOOK

ペットを飼っている人も飼っていない人も共存している現代社会において、お互いに認め合い、助け合って生きるためにどうすればいいのか、ペットの飼い主のが心得ておきたい内容がまとめられています。

ペットを飼っているけれど、今までペットとの防災や避難について考える機会がなかった方は、展示会に訪れたり書籍などを手に取ってみて、考えるきっかけにしてみてはいかがででしょうか。

出典:prtimes.jp

<関連記事>
ケージ内蔵型の防災キャリーバッグが登場、猫との避難に最適

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で