京都市動物園、ツシマヤマネコを知る「やまねこ博覧会」を開催

京都市動物園で10月15日(土)から2日間、ツシマヤマネコについて学ぶ「やまねこ博覧会」が開催されます。

ツシマヤマネコは国の天然記念物に指定され絶滅の危機に瀕している動物で、野生の個体は長崎県の対馬に100頭未満しか生息していないと推測されています。その姿は額の縦縞や、胴長短足でしっぽが太いといった特徴を持ち、とても愛くるしい容姿をしています。

日本では全国10の施設で36頭だけ飼育されており(2016年6月時点)、京都市動物園には4頭のツシマヤマネコがいます。

このたび京都市動物園で行われる「やまねこ博覧会」は、ツシマヤマネコの現状や、その保全に関する取組を一般市民に深く知ってもらうことを目的に、ツシマヤマネコの写真展、保全活動に関するブース展示、講演会など学びを中心としたものから、人形劇、ゲーム、ワークショップ、着ぐるみとの撮影会など楽しみながら参加できるものまで、さまざまなイベントを通してツシマヤマネコについて知ることができる企画が用意されています。

京都市動物園 やまねこ博覧会

 

やまねこ博覧会のイベント

■ツシマヤマネコ 写真展
対馬自然写真研究所の代表社員である、川口誠さんが撮影したツシマヤマネコの写真が図書館カフェに展示されます。

期間:開催中〜2016年10月16日(日)まで
時間:9:00〜17:00
場所:正面エントランス 図書館カフェ

■ツシマヤマネコの保全ブース展
ツシマヤマネコの保全に関するブース出展が行われます。
協力:一般社団法人MIT/どうぶつたちの病院/ツシマヤマネコを守る会/大阪ECO動物海洋専門学校

期間:2016年10月15日(土)〜16日(日)
時間:9:00〜17:00 ※16日は15:00
場所:正面エントランス 芝生広場

■京芸による動物人形劇場
「人形劇団 京芸」による、ツシマヤマネコをテーマにした人形劇と環境教育に関する人形劇を開催されます。

期間:2016年10月15日(土)
時間:11:00〜、13:00〜(各回30分程度)
場所:正面エントランス レクチャールーム

■わくわくやまねこランド
大阪ECO動物海洋専門学校による、ツシマヤマネコにちなんだ楽しいゲームが行われます。

期間:2016年10月15日(土)
時間:15:30〜、16:30〜
場所:正面エントランス レクチャールーム

■消しゴムハンコ作りワークショップ
ツシマヤマネコの消しゴムハンコ作りワークショップを開催。当日9:00から一般財団法人MITのブースで整理券が配布されます。

期間:2016年10月16日(日)
時間:10:00〜11:00
場所:正面エントランス レクチャールーム
対象:中学生以上、保護者同伴の小学3-6年生
費用:1,000円
定員:40名(30分ごと、20名ずつ)

■ゲームをしながらヤマネコたちを知ろう!
NPO法人「どうぶつたちの病院」によるゲームが開催。当日9:00から、どうぶつたちの病院ブースで整理券が配布されます。

期間:2016年10月16日(日)
時間:13:00〜14:00
場所:正面エントランス レクチャールーム
対象:小学生
定員:20名

■講演会
ツシマヤマネコを守る会の理事、羽根佳雄さんによる「ねこ好きのためのヤマネコ講座〜その2〜」、「とらやまの今」の講演が行われます。

期間:2016年10月16日(日)
時間:15:30〜16:30
場所:正面エントランス レクチャールーム

■ツシマヤマネコエア遊具登場!
ツシマヤマネコの形をしたエア遊具で遊ぶことができます。

期間:2016年10月15日(土)〜16日(日)
時間:9:00〜15:30
場所:アフリカの草原キリンの塔の広場
対象:小学生まで

■エコバッグ制作
吉野由紀子オリジナルハンコを押して、自分だけのツシマヤマネコ・エコバッグを作るワークショップが開催されます。

場所:正面エントランス広場 一般社団法人MITブース内

■着ぐるみと記念撮影
イベント期間中、園内初お披露目となるツシマヤマネコの着ぐるみ「サクラ」が登場します。いつ何処に現れるかはお楽しみとなっていますので、園内を探して見つけたら一緒に記念撮影ができます。

■対馬メニュー販売
園内のレストランやカフェで、ヤマネコ米を使ったメニューや対馬に関連する「やまねこ博覧会特別メニュー」などが販売される予定となっています。

 

京都市動物園 やまねこ博覧会

期間:2016年10月15日(土)、16日(日)
時間:9:00〜17:00(雨天決行)
会場:京都市動物園
費用:無料(動物園の入園料は必要)
※ワークショップの参加は有料

<アクセス>

京都府京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内

現在、京都市動物園にいる4頭のツシマヤマネコのうち、期間中お目にかかれるのはメスの「みやこ」ちゃん1頭のみだそうですので、やまねこ博覧会に行かれる方はぜひ会いにいってみてはいかがででしょうか。

出典:www5.city.kyoto.jp

<関連記事>
埼玉の動物園、ロシアの動物園から来たマヌルネコを一般公開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!