可愛い猫の切り絵が飛び回る!きりえや高木亮氏の個展が吉祥寺で開催

きりえ作家・高木亮さんの猫作品を集めた個展が、2017年10月7日(土)から東京・吉祥寺にあるギャラリーで開催されます。

高木亮きりえ展「Maisonねこ」(メゾンねこ)

きりえ画家&作家として活躍している高木さんは、大学在学中に独学できりえ制作を開始。ポストカードやカレンダー、グッズ制作などを行う傍ら、これまでに個展やメディアを通じてさまざまな作品を発表しており、きりえの画文集やレッスン本などの著作も数多く出版。

本名だけでなく「きりえや」との名称で活動することでも知られています。

制作においては物語性のある作品づくりを得意としており、叙情的な風景からひねりの利いたパロディ作品まで幅広く手掛け、「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい」世界を感じさせる作風が特徴的です。

きりえ作家・高木亮さんの展示猫作品1「そら」(2017)展示作品 「ねこペティ・ふきのとう」(2017)

10月7日から始まる個展は東京・吉祥寺にある「ギャラリー会・吉祥寺」で開催。

この建物は渋谷区・天現寺の慶応義塾幼稚舎にかつてあった福沢家ゆかりの蔵を移築した建築物で、現在はギャラリーとして再生。吹き抜け2階建ての空間に、高木さんの作品が大小合わせて約60点ほど展示されます。

きりえ作家・高木亮さんの展示猫作品3「ねこペティ・いちじく」(2017)展示作品 「ねこペティ・いちじく」(2017)

きりえ作家・高木亮さんの展示猫作品2「ねこペティ・ふきのとう」(2017)展示作品 「そら」(2017)

1階は大画面の叙情的風景画、2階には季節の食材とねこをあわせた連載「ねこペティ」(ウェブマガジン「にゃなか」)の原画を中心にそれぞれ展示。

きりえ作家・高木亮さんの猫作品展示風景 in GALLERY KAI(ギャラリー会・吉祥寺)過去の展示風景

額縁に入った作品の上の方には猫のシルエットが飛び回っていますが、これも高木さんが切って貼った「壁ねこ」という装飾作品で、気に入った子がいればその場で購入して持ち帰ることが可能。額装作品よりも安価なので毎年人気のなのだとか。

「壁ねこ」が購入されて空いたスペースには、会場で高木さんが即興で切った作品を順次貼っていくため、毎日少しずつ壁にいる猫たちの様子が変わっていくのも、本企画展ならではの見どころのひとつです。

壁や柱など、さまざまな場所にねこが潜んでいるので、こんなところにもいたの!?と見つける楽しさも感じられる、遊び心のある展示内容となっています。

高木亮きりえ展、猫の切り絵作品ねこを探してみるニャ

また展示会場では、作品以外にも高木さんの著作やカレンダー、ポストカード、偽本ブックカバーなど、きりえやオリジナルグッズも多数出品される予定となっています。

本展は10月1日から始まる「吉祥寺ねこ祭り2017」の参加企画として行われる個展となっていますので、ねこ祭りの参加店舗をめぐったり、吉祥寺の散策がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

 

高木亮きりえ展「Maisonねこ」(メゾンねこ)

期間:2017年10月7日(土)~10月11日(水)
時間:11:00~18:00
  :11:00~17:00(最終日)
入場:無料

会場:GALLERY KAI(ギャラリー会・吉祥寺)

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-4

画像提供:きりえや 高木亮

TAG :