猫の飼い主も参加OK、日本臨床獣医学フォーラム年次大会2016

9月23日(金)から3日間、東京都千代田区にあるホテルニューオータニで、第18回 日本臨床獣医学フォーラム年次大会2016が開催されます。

過去イベントの様子過去の日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)年次大会の受付の様子引用:erva-dog.com

このイベントを主催する日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)は、もともと獣医師の教育や勉強、獣医師間の交流などを目的に設立された団体ですが、その年次大会では獣医師だけでなく、動物病院スタッフや関係企業なども参加し、イベント期間中は獣医師や動物看護師を対象にした数多くの特別プログラムが開催されます。

そのため、主な参加者には獣医師や動物病院関係者が多いのですが、実は一般市民に向けた特別プログラムもいくつか用意されていて、参加することができます。

本記事ではその中でも、「猫の飼い主」と関連が高そうなプログラムについてご紹介したいと思います。

 

特別プログラム

特別プログラムはすべてのイベント参加者を対象としたプログラムです。

過去イベントのプログラム会場過去の日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)年次大会のプログラム会場引用:martin2011.blog24.fc2.com

■伴侶動物のターミナルケアを考える
日時:2016年9月24日(土)12:00〜13:10
場所:宴会場階〈芙蓉 中〉
定員:200名(事前申込み制)

詳細
<コメンテーター>
徳力幹彦 / 山口大学 名誉教授,高久仁利 / 孝仁クリニック(東京都),  柴内裕子 / 赤坂動物病院(東京都)

<モデレーター>
柴内晶子 / 赤坂動物病院(東京都)

■石田先生のドクターGvet 市民版
日時:2016年9月25日(日)12:00〜13:10
場所:宴会場階〈芙蓉 中〉
定員:200名(事前申込み制)

詳細
石田卓夫 / JBVP 会長,赤坂動物病院(東京都)

<出演>
太田理造 / 犬山動物医療センター(愛知県)
苅谷卓郎 / AC プラザ苅谷動物病院(東京都・千葉県)
高良直樹 / 赤坂動物病院(東京都)

■熊本地震と動物救護活動の報告
‐VMAT 出動の成果を踏まえて‐
日時:2016年9月25日(日)15:00〜16:10
場所:宴会場階〈edo〉

詳細
大規模災害時におけるVMAT(災害動物医療支援チーム)の意義や課題、支援・受援体制の整備について熊本地震での経験を受けて考える。

羽山伸一 / 日本獣医生命科学大学
船津敏弘 / 動物環境科学研究所(福岡県)
三浦浩史 / みうら動物病院(熊本県

 

市民プログラム

市民(伴侶動物の家族)を対象としたプログラムですが獣医師、動物看護師、学生も参加することができます。

■高齢動物と高齢者が共に暮らす社会のために
‐近い未来を作るために‐
日時:2016年9月24日(土)10:20〜11:30
場所:宴会場階〈edo〉
登壇:柴内裕子/赤坂動物病院(東京都)

■猫と暮らす秘訣
‐猫と長年暮らしてきた方へ,これから暮らしたい方へ‐
日時:2016年9月24日(土)17:00〜18:10
場所:宴会場階〈edo〉
登壇:村田香織/もみの木動物病院(兵庫県)

■家庭での採尿法
‐腎臓病の早期発見に手を貸してくれ!!‐
日時:2016年9月24日(土)8:50〜10:00
場所:宴会場階〈鳳凰 西〉
登壇:竹村直行/日本獣医生命科学大学

■フレンドリーキャットの育て方
‐これからの猫暮らし‐
日時:2016年9月24日(土)10:20〜11:30
場所:宴会場階〈鳳凰 西〉
登壇:入交眞巳/日本獣医生命科学大学
登壇:柴内晶子/赤坂動物病院(東京都)

■心臓病を手術で治す方法
日時:2016年9月24日(土)13:30〜14:40
場所:宴会場階〈鳳凰 西〉
登壇:上地正実/JASMINE どうぶつ循環器病センター(神奈川県)

■伴侶動物の健康診断が重要なわけ
日時:2016年9月24日(土)15:30〜16:40
場所:宴会場階〈鳳凰 西〉
登壇:柴内晶子/赤坂動物病院(東京都)

■東京千代田区 外で暮らす猫から家族の一員へ
‐行政・ボランティア・動物病院が社会を変える‐
日時:2016年9月25日(日)13:30〜14:40
場所:宴会場階〈edo〉
登壇:服部高明/千代田保健所,一般社団法人 ちよだニャンとなる会
登壇:古川尚美/一般社団法人 ちよだニャンとなる会
登壇:香取章子/フリージャーナリスト

■伴侶動物における再生医療の可能性
日時:2016年9月25日(日)16:50〜18:00
場所:宴会場階〈edo〉
登壇:岸上義弘/岸上獣医科病院(大阪府)

■動物にメリットがある医療って何?
‐腹腔鏡という1つの選択肢‐
日時:2016年9月25日(日)10:20〜11:30
場所:宴会場階〈鳳凰 西〉
登壇:吉田宗則/クウ動物病院(大阪府)

■1.猫のことをもっと理解しよう
■2.猫の大切なケアについて
日時:2016年9月25日(日)13:30〜16:10
場所:宴会場階〈鳳凰 西〉
登壇1:Susan Little/Bytown Cat Hospital(Canada)
登壇2:Martha Cannon/Oxford Cat Clinic(UK)
通訳 :石田卓夫/JBVP会長,赤坂動物病院(東京都)

 

企業展示・グッズ販売

イベント期間中には関連企業による商品やサービスの展示、犬猫グッズの販売なども行われています。

■関連企業による展示
会場:宴会場階〈鶴〉
9月23日(金)12:55〜18:10
9月24日(土)10:00〜18:30
9月25日(日)10:00〜17:00

過去イベントの企業展示日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)年次大会の企業展示風景引用:kasori-vet.com

■関連企業/団体による犬猫グッズ販売
会場:宴会場階〈芙蓉 前室〉
9月24日(土)11:30〜17:30
9月25日(日)10:00〜16:50
 

本イベントの一般市民(獣医師&動物看護師以外の動物の飼い主)の入場料は、事前1日券が1,500円、当日1日券は2,000円となっています。

一般市民として入場した場合は特別プログラム、市民プログラム、企業展示に参加することができますが、満員の場合には入場できないことがあります。
※2015年度に開催された同イベントでは、603名が一般市民として参加。

会場:ホテルニューオータニ

受付:宴会場階〈鶴〉ロビー

動物医療に携わっている人を中心としたイベントではありますが、一般の猫の飼い主でも参加することができ、さまざまな専門家による講演を聴くことができる珍しい機会でもありますので、興味のある方は参加されてみてはどうでしょうか。

出典:jbvp.org

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!