岩合光昭 写真展「やきものの里のネコ」、9/4まで喜多方で開催

動物写真家・岩合光昭さんの写真展「やきものの里のネコ」が、9月14日まで福島県の「喜多方市美術館」にて開催されています。

喜多方市美術館引用:tif.ne.jp

 

写真展 「やきものの里のネコ」

写真展 「やきものの里のネコ」展示イメージ過去の展示会イメージ(引用:cdn.mainichi.jp

岩合さんといえば、猫をテーマにした数々の写真展を開催していますが、「ねこ歩き」「世界ネコ歩き」「ふるさとのねこ」など、猫にプラスアルファの要素を加えたテーマ構成になっている展示会が大半です。

そして、本展では「猫」と「やきものの里」がテーマ。

岩合さんにとって、ネコと陶器は調和しやすく相性が良い存在だと感じているのだそうで、「それがネコと暮らしを共にしている陶芸作家の人たちの魅力(=色気)ともなっているような気がする」と述べています。逆に、「ネコを見かけないような町に色気を感じない」、との岩合さんらしいお言葉も。

古くから多くのやきものが作られてきた「やきものの里」では、ネコたちが陶房や町の中でゆったりした時間を過ごしています。

本展では、そんな「やきものの里」で岩合さんが出会った猫たちの写真が展示されており、猫と陶器の相性の良さはもちろん、猫と人間が寄り添いながら暮らしてきた営みが感じられる展示内容となっています。

 

展示作品イメージ

写真展 「やきものの里のネコ」展示写真イメージ1ⓒMitsuaki Iwago

写真展 「やきものの里のネコ」展示写真イメージ2ⓒMitsuaki Iwago

写真展 「やきものの里のネコ」展示写真イメージ3ⓒMitsuaki Iwago

写真展 「やきものの里のネコ」展示写真イメージ4ⓒMitsuaki Iwago

 

写真展の概要

名称: 岩合光昭写真展 「やきものの里のネコ」
会期: 2016年7月16日~ 9月4日(日)
開館: 10:00〜18:00(入場は17:30迄)
会場: 喜多方市美術館
入場: 一般500円、高大学生300円、小中学生200円

 

アクセス


福島県喜多方市字押切2丁目2番地
出典:m-m-color.com

岩合光昭さんの関連記事はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!