メインクーン専門の猫カフェ mof.mof(モフモフ)がオープン

先月の2月22日(猫の日)に、メインクーン専門の猫カフェが兵庫県の姫路市にオープンしました。

メインクーン専門の猫カフェ mof.mof(モフモフ)のロゴ

Cat Pressではこれまでにアビシニアンノルウェージャンフォレストキャットベンガル、黒猫などに特化した猫カフェをご紹介してきましたが、メインクーン専門のお店を取り上げるのは初めて。おそらく全国でも初ではないでしょうか(あったらゴメンナサイm(_ _)m)。

メインクーンといえば世界最大級の猫種として有名で、近年ギネスブックに最大(最長)として認定される猫や、それに迫る大きさの猫として話題になるのも同じくメインクーンが多いですね。

しかし、身体が大きくて長毛種なので「お世話が大変そう」「家では飼えないけれど触れ合ってみたい」という方も多いのではないでしょうか。メインクーンがいる猫カフェは限られますし、お店の混み具合や猫の体調によっては間近で見ることが難しい場合もあります。専門ならその心配もなさそうですよね。

というわけで、今回はメインクーン専門の猫カフェ「mof.mof(モフモフ)」さんのお店をご紹介したいと思いますよ。

 

猫カフェ「mof.mof」のお店紹介

こちらがお店の看板。一見するとメインクーン専門とは分かりませんね。
猫カフェmof.mof(モフモフ)の看板

店内に入ると、中央には天井まである大きめのキャットタワーが設置。壁面にはキャットウォークやキャットステップが張り巡らされていて、猫が自由に動き回れるようになっています。
猫カフェmof.mof(モフモフ)の店内

床には猫ハウスや猫ベッド、猫ちぐら、爪とぎなど猫ちゃんの好きそうなアイテムがたくさん置かれています。
猫カフェmof.mof(モフモフ)にいる、5匹のメインクーン

そしてこの写真に写っている5匹がお店の猫スタッフで、もちろん全員メインクーン。身体が大きいのでご飯を食べている姿ですら迫力がありますね。

それでは1匹ずつ紹介していきましょう。

雅(みやび)くん猫カフェmof.mof(モフモフ)にいるメインクーンの雅温厚な性格の雅くんは、メインクーンに多く見られる綺麗なブラウンタビー(キトラ模様)。
 

楓(かえで)ちゃん猫カフェmof.mof(モフモフ)にいるメインクーンの楓上から観察するのが好きな、お店の女王的存在の楓ちゃん。お店一のモフモフさんです。
 

翠(あきら)くん猫カフェmof.mof(モフモフ)にいるメインクーンの翠翠くんはレッドタビー(チャトラ模様)の毛色に足先が真っ白な靴下猫です。
 

菫(すみれ)くん猫カフェmof.mof(モフモフ)にいるメインクーンの菫人もオモチャも大好きで愛嬌がある菫くん。こちらも足元が真っ白な靴下にゃんこですよ。
 

陽(ひなた)ちゃん猫カフェmof.mof(モフモフ)にいるメインクーンの陽パステル三毛のような淡い毛色の陽ちゃん。遊ぶのがとっても大好きです。

お気づきになったと思いますが、猫ちゃんたちの名前はすべて漢字一文字。楓ちゃんと陽ちゃんは少し毛色が似ていますが、それ以外の3匹ははっきりと毛色が違うので、少し滞在するだけで名前と顔を覚えられそうですね。

お店の方に人気な猫ちゃんを聞いてみたところ、一番人気はレッドタビーの翠(あきら)くん。ふわふわの毛並みでお客さんを常に魅了しているみたいですよ。

猫カフェmof.mof(モフモフ)の一番人気猫はレッドタビーの翠(あきら)くん全身ふわふわしておりますにゃ

続いて、猫ちゃんたちの日常の写真も何枚かご紹介しますよ。

メインクーンの楓(かえで)ちゃんキャットウォークの上から観察中
 

メインクーンの雅(みやび)くん遊んでくれるのかニャ?
 

メインクーンの翠&菫まるでモップのような尻尾をお持ちです
 

メインクーンのレッドタビー&黒白この2匹は仲が良さそうですね
 

横になる3匹のメインクーン3匹集まるとなかなかの猫密度
 

メインクーンの翠こんな楽しそうなスペースもありますよ

とっても可愛らしい猫ちゃんたちですが、そもそもなぜメインクーン専門の猫カフェにしようと思ったのでしょうか。

お店の方に伺ってみたところ、メインクーンの大きさや温厚さ、賢さにくわえ、人為的な交配によって確立された種ではない、自然発生した種の猫らしさ。そういった魅力を伝えられたら、との思いがあるのだとか。

確かに大きさなどの見た目は写真である程度分かりますが、賢さや種固有の魅力などは実際に触れ合ってみないと分からなそうですね。

メインクーンの菫と触れ合う様子

では実際、お店に行くとなると何時頃が良いのか?オススメの時間帯も聞いてみました。

開店直後の11:00くらいは猫ちゃんが活発なことが多いそうですので、一緒に遊びたい方はそのあたりの時間帯を、まったりと楽しみたい方は午後にゆっくり行ってみると良さそうですね。ご飯タイムは19:00なので、1時間の滞在なら18:30〜19:30くらいの利用を想定して行くのがオススメですよ。

また、店内には格子状の柵で仕切られたスペースの中にカウンター席が設けられていて、格子越しに猫を見ながら飲食を楽しむことができるようになっています。

格子状の柵で仕切られた奥は飲食スペース後ろにあるのが格子状の柵ですにゃ

フードメニューはカレー、お食事パンケーキ、ラップサンドなどの軽食メニューや、日替わりデザート、パンケーキ、オリーブグラッセのバニラアイスなどのデザートが用意されているほか、ドリンクメニューはなんと30種類。エスプレッソから紅茶、柚子茶、ココア、抹茶ミルク、ハーブジュースなどなど、猫カフェとは思えないほどの充実ぶりです。

猫カフェmof.mof(モフモフ)のバターチキンカレー美味しそうなバターチキンカレーだにゃ〜

というわけで、長々とご紹介してきましたが、メインクーンが好きな方やメインクーンと触れ合ってみたい方にとっては、一度は訪れてみたい猫カフェではないでしょうか。

運が良ければこんな姿が見れるかも!?しれませんにゃ。

縦に3匹並んだメインクーンの写真

 

猫カフェ mof.mof(モフモフ)

時間:11:00〜22:00
定休:火曜・水曜
料金:1,000円 / 1H
※食事・ドリンクは別料金、延長は15分ごとに250円
※小中学生の方は保護者の同伴が必要
※小学生未満の方は入店不可

<店舗アクセス>

兵庫県姫路市広畑区小坂6-6

※本記事の情報は執筆時点のものになります。
(C) catcafe mof.mof

<関連コンテンツ>
ノルウェージャンフォレストキャット専門の猫カフェ
アビシニアン専門の猫カフェ
ベンガル猫専門の猫カフェ
黒猫専門の猫カフェ
ギネス記録まであと1cm!巨大猫のメインクーンがデカすぎる

⇒その他の猫カフェニュース
⇒その他の最新猫ニュース

CATEGORY :